2015年03月09日

大学入試の報告 その3

 3月6日の発表  S,Sさん(都立八王子東高校)が東京外国語大学(スペイン語科)に合格
 3月8日の発表  M,Sさん(都立国分寺高校)が首都大学東京(都市教養学部、経営学科)に合格
 これで国公立大3人が合格しました。よかった! おめでとう!

 大学入試に限らないことですが、勉強で一番大切なことは、「なぜこういう答えになるのか。」という点にこだわって勉強をするということです
 成績を伸ばす人の共通点です。「質問するのは恥ずかしい。」とか「聞いてもためになるかわからないから、聞かないでおこう。」とか言っている人はダメなんです。思い切って聞いてみなさい!何かが開けてくるはずです。
 わかりたーい! という気持ちが強ければ強いほど質問したくなるものです。ですから私は伸びる生徒がすぐにわかります。
 また、質問するには自分なりに流れが追えなければできませんし、基本が入っているかどうかも大事な問題になってきます。そこが欠けている場合も良くあります。そこから始めなくてはいけません。
 さて、塾では新年度の授業が始まるところです。知識を積み上げていくには、いちばん基本の部分の考えがしっかりしてなければなりません。私の授業では何年生であろうともこれまでの復習とか基本的概念の再構築からやっていきます。つまり、ここを聞き逃してほしくないのです。もし参加するのなら、是非ともここを聞いておいてほしいのです。初めの数時間が何か月分かの価値があるのではないかと思っているのです。
 もちろん後になってからでも授業中に何回か話すことはあるのですが、初めに聞いておくと効果が何倍か違うと確信します。
 
 諸君、遅れるなかれ! 別に営業だけで言っているのではないのですぞ。
 せっかくやるのなら無駄なく学習して欲しいから言うのです。
さあ、この一年死んだ気になってがんばって下さい。

 
 

   
posted by 塾王 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

2015年 都立高校合格実績

 都立高校の合格実績が出ました。
 
   みんな、がんばったね!
 
  ●小金井北高校
   K.T君(ひよどり山中)
  ●南平高校
  K.W君(ひよどり山中)
  ●神代高校---1名
   S.S君(ひよどり山中)
  ●翔陽高校
   K.Mさん(八王子5中)
   T.Yさん(八王子6中)
●小平南高校
   M.Mさん(八王子6中)
  ●日野高校
   S.R君(八王子6中)
●富士森高校
   N.Nさん(八王子2中)
   Y,Yさん(石川中)
  ●東大和高校
   F.Sさん(八王子5中)
  ●片倉高校
   M.Sくん(ひよどり山中)
  ●桑志高校
   M.Tくん(八王子3中)
●八王子北高校
   N.Hさん(八王子5中)
   K.Yくん(ひよどり山中)
●拝島高校
   S.Hさん(八王子6中)
  ●砂川高校
   N.Mさん
  ●第五商業高校
   I.Nさん(八王子2中)
             以上 都立高受験生24名による合格実績

 喜びの顔が溢れているのですが何人かを落としたので、申し訳ない気持ちです。
毎年、完璧合格はあり得ないと思っていても、やはり悔いは残る。
 
 平均倍率は約1,5倍。
3人に一人は落ちてしまう計算になる。
都立高がこんなに厳しくていいのかなー、と思う。
 でも、生徒たちはここを潜り抜けなければならないのだ。
  
  新年度が始まりました。
私たちもまた来年度の入試に向けて出発です。
 全員第一志望校合格をめざして。
posted by 塾王 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

今年度(2015) 大学入試の報告 その2

 合格発表に伴い、だんだんと合格者が増えてきた。
残った生徒たちはあと数人。一人一人励ましながら、弱点を教えながら受験場
に送りだします。毎年のことですが。
 
 昨日T、Mが息せき切って階段を上がってきた。一つ目、いや2つ同時に
合格の知らせだった。幾つめの受験校だったか。確か6つ目くらいかな。
 本人いわく「やっと大学生になれます!」
 この前まで、落ちる度に泣いていました。
 よほど嬉しかったのだろうね。おめでとう!!
でも、まだ第一志望が残っているので、また勉強して帰って行きました。

 これで19人目。95%の生徒の大学が決まった訳です。 
 あとは国立がどうなるかだ。
posted by 塾王 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

2015 私立高校合格実績

都立高校の入試が終わりました。
 今日は私立高校の合格実績を載せておきます。
 <私立高校合格実績>  
●中大杉並高校
  I.Uくん (八王子6中)
●八王子学園高校
  U.Yくん(選抜)(元八王子中)
  K.Tくん(選抜)(ひよどり山中)
  Y.Nさん(選抜)(私立啓明学園中)
●聖望学園高校
  Y.Nさん(特進、特待生)(私立啓明学園中)
  S.Rくん(八王子6中)
  K.Tくん(ひよどり山中)
●工学院大学附属高校
  S.Yくん(八王子1中)
  M.Mさん(八王子6中)
  K.Mさん(八王子5中)
  K.Yさん(八王子6中)
  S.Sくん(ひよどり山中)
●白梅学園高校
  T,Yさん(八王子6中)
●佼成学園女子高校
  M,Mさん(八王子6中)
●杉並学院高校
  H,Mさん(八王子6中)
●二松学舎高校
  F,Sさん(八王子5中)
●藤村女子
  N,Nさん(八王子2中)
●大成高校
  M,Mさん(八王子5中)
●昭和鉄道高校
  M,Tくん(八王子3中)
●八王子実践高校
  I,Kさん(八王子2中)
  S,Tくん(ひよどり山中)
  E,Rさん(八王子5中)
  M,Sくん(ひよどり山中)
  N,Hさん(八王子5中)
  S,Hさん(八王子6中)
  K,Yくん(ひよどり山中)
●昭和第一学園高校
  Y,Yさん(石川中)
●日大明誠高校
  A,Hくん(ひよどり山中)
             以上です
posted by 塾王 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

今年度 大学入試の報告 その1

 大学入試真最中です。
 これからまだまだ試験もあるので、最終的なことは先にしますが、
これまで見たところでは、塾生でセンター試験に合格したいわゆるセンター合格者
の割合が多かったということだ。一般的にセンターで合格するのは滑り止め校か第二
第三志望校だ。塾生も大体がそういう捉え方なのだが、それでも半数がここで合格し
たということは、充実していたともいえる。第一志望校を目指して自信にもなるだろう。
 
 これらの生徒はやはり授業の出席率が高いし、一つ一つ丁寧にこなして、実力を
蓄えたのだと言える。

 塾の授業では時期に応じてレベルも変えるし、配布する問題も資料も考えているつもりだ。
すべての授業が無駄にならないようにしている。(当たり前か?!)

 やはり努力は報われる!、と言いたい。

 今年もこの小さな塾から大きな実績が出ようとしている。

 受験生に対してアドヴァイスとしては、学習科目を偏らせず、総合的に実力を養うことだ。
 まだ良い結果が出ていない人も、最後まであきらめず、また慢心することなくベストを尽く
して欲しい。

 【今年度の大学合格校】
 明治大学、法政大学、津田塾大学、武蔵大学、東京女子大学、日本大学、東洋大学、
 専修大学、実践女子大学、桜美林大学、東京医療保健大学、東京経済大学、帝京大学、
 明星大学 など (2015年2月17日現在)

 
posted by 塾王 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

都立高校入試 受験の注意点

 都立高校入試があと10日に迫りました。
 本番でいままで培ってきた力を十分発揮してほしい。そのためのいくつかの注意点を上げておきます。

@5科目をまんべんなく学習すること。
  当たり前と思われるかもしれないが、弱点科目に時間と勢力をかけるのはいいのだが、そちらにあまりに多くの時間を取りすぎると学習していない科目の「カン=センス」が失われていくことに注意する べきです。
  英語なら英文の音読を薦める。数学は分母の有理化などの少し複雑な計算を。国語も音読を。どれも集中して行うこと。これを強く薦めます。
 

A 社会は定期試験とは全く異なる捉え方をしなくてはならない。
知識重視、暗記重視ではない。
 答えは問題文の中や表、グラフの中に書いてあるのだ。読解力の勝負なのです。問題文自体が長いのでよく読むこと。
  また知識重視ではないとはいえ大局的に捉えるための知識は必要である。例えば歴史でいえば、起きた事柄が大体何時代なのかを推察し年代順に並び替える問題が解けるくらいの知識は必要です。時代の特徴を捉えていることが要求されます。

B 理科では知らない単語が出てきてもごまかされるな。
 問題文に知らない単語が出てくるとたいていの生徒はびっくりしてしまいます。「自分だけ習っていないではないか。」と思ってしまうのです。ここでは冷静になりましょう。知っている知識だけを利用して問題は解けるようになっています。これは大学入試センター試験のよくやる手口です。ダミーに引っかからないように。

 注意する点はいくらもありますが、問題のポイントを塾の先生などに教わって1点でも多く獲得することを願っています。
 
  WHY not the Best!

 
  

posted by 塾王 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校入試に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

都立高校入試倍率の変化及び今後の注意

都立高校の出願倍率が出ました。
 
倍率の変化と今後の注意点

◎各地域の一番手校はさらに厳しい倍率に
 日比谷 男子 3,05から 3,29に
     女子 2,23から 2,46
 国立  男子 1,85から 2,15
     女子 1,68から 2,00

◎八王子地区の1番手は変動なし
 八王子東 男子 1,47から 1,44
女子 1,46 から 1,48に
各地区の1番手、日比谷、国立、立川の男子は強気と強気の勝負になった。これは大学合格
実績が大きく影響していることは間違いない。

 ◎ 各地区の2番手校は減少傾向に
 これは、昨年までは2番手校(この地域では南多摩が抜けた後の町田、日野台が
これにあたる)が従来の南多摩高校応募者と日野台の応募者層がかち合う形で
倍率を上げてきていたのではないかと思える。そのため、従来なら受かるはずの
受験者が大量に不合格になり、それを避けようと慎重になったのが今年この倍率になった理由
と思われる。このことは昨年の八王子東の女子の倍率の低下の理由にもなっているだろう。
 
 町田    男子 1,84から1,49
   女子 1,64から1,36
 小金井北  男子 2,20から1,65
       女子 2,27から1,47


 ◎ 今後の注意点 願書の差し替えは慎重に
  
 今後、倍率は私立高校の合格発表がありさらに願書差し替えにより変化すると
予想される。
 特に注意したいのは、安全を考慮してワンランク都立志望校を下げようとする時です。
 皆がこの倍率を見ているわけですから、同じ高校に差し替えが集中することがあるわけです。 
この地区では過去に翔陽高校で差し替え後に5割近くも増加したことがありました。お互いに首
を絞めあうことになったのです。
 ですから安易に差し替えはせずに、自分の学力の伸びと調子の良し悪しを見極めて
慎重かつ大胆に志望校を決めていくのが良いと思われます。

posted by 塾王 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校入試に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

2015年 南多摩中入試問題分析

 今年、都立中として他校と初めて共同制作となった入試でした。 南多摩中の問題の特徴は
@ 問題量が他校と比較して少なめであること
A 理科の実験による結果からその原因との因果関係を問う問題が出る。
などであるが、今年はどうだったのでしょうか。
 適性検査U
 大問3つ小問9題。
 大問1 問(1)は「うるう年」を題材としていて、うるう年の意味を問題に書いてあるので、分かりやすかった。4の倍数のうち千の位と十の位、百の位と一の位が同じ4けたの数字を答えるもので、一つ一つか書き出してみればすぐにわかる。例えば1212が正解のうちの一つ。
この手の問題に慣れている人にとっては「ある数字の下2けたが4で割り切れれば、その数全体が割り切れる。」ことはよく知られているところ。なぜなら100は4で必ず割り切れるからです。こういう練習をしていれば簡単に解けたはずです。他にも1616とか3232、3636などたくさんあるうちの3つ答えればよいのです。

 問(2) 「1年が2015,4日だったらばうるう年をどう置くか」という問題。やはり問題が解き方を示唆してくれているので分かりやすい。余っている0,4日は1日分になるのには 1日÷0,4日=2,5年かかるのでこれを2倍したら整数になるから、「5年で2日取ればよい。」訳です。具体的には「次の5年のうち4年目と5年目に1日ずつ加えてうるう年にする」とか「5年目に2日加えてうるう年にする」とかが答えになるでしょう。

 問(3)は「火星の1日が地球の時間で24時間40分のとき、火星が太陽の周りを1周するのに地球の時間で687日かかるとすると、火星が太陽のまわりを1周するのに火星の1日で数えると何日になるか。」という問題。かなりの難問でしょう。私立中入試問題で鍛えてある生徒向きの問題といえます。地球の時間である687日を地球の時間になおし、それを火星の一日である24時間40分で割ればよいのです。
 式=687×24÷24時間40分=668,43---のとなり四捨五入して答え=668,4日 
このとき40分は3分の2時間に直して計算しなくてはならない。

大問2は日本の少子高齢化問題でわが塾でもグラフの読み取りを含め何回も練習したものでした。大きな数の割り算を間違えなければO.Kです。ただし問(3)はメルカトル図法の弱点については知識として知っている人と知らない人で大きな差が出たかもしれません。

大問3は南多摩中好みの問題といえる。実験結果の平均を出す問題で、8回の実験のうち失敗した2回目と7回目を取りのぞいて残りの6回の平均を出せばよいでしょう
 (2)は「水の中に様々な形の発砲スチロールをしずめ、離したらどれだけ空中に飛び上がるかを計測し、その距離の差が生まれる原因、理由を考えさせる問題。」でやや難問でした。表から水深10pから深くなると飛び上がる距離が減っていくことを考慮に入れることができるかどうかが分かれ目です。答え「深さ10pまでは深くすればするほど高く飛び出すがそれ以上深くすると逆に飛び出す高さは下がっていく。」
(3)はさらに2つの形状を組み合わせて(1)(2)からどの形が最も高く飛び上がるかを推測させる問題で、かなりの難問でしょう。水中20pから手を放し、0pまではカの球が大きく飛び出すが0pからはオの円錐形が飛びぬけて大きく飛び出すので単純にオとカを組み合わせたHが答えと思われる
posted by 塾王 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 入試問題分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

移転が完了

 今年は連休をほとんど使って教室の移転を行いました。 職員総出でがんばってやりました。
  004.JPG 007.JPG 006.JPG
 今までは小さい部屋や使い辛い部屋もあったのですが、 八日町の教室は広さとして同じなのですが、教室の部分を ゆったりと取ったので、授業をやりやすく思えます。
   まだ看板とか内装の面でも未完成な部分が残っているの ですが一応授業は順調に進んでいます。
 塾生および保護者の方々のご協力のおかげです。
ありがとうございました。
  さて、がんばるぞー。
posted by 塾王 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

What are〜?は「ワッラー」と発音するの?

 英語のリスニング力を付けるには、
1.英語のリズムになれること
2.単語と単語がつながって発音されるリンキングを身に着けること
3.強く読まれる単語と弱く読まれる単語があることを知ること
4.文法力をきちんと付けて使うべき場所を知ること
5.単語力を付けること
 などを少しずつ身に着けていくことが必要と思われる。

 4と5は普通に皆がやっていることですが、1から3はなかなか指導してもらえ
る機会が無いのではと思います。題にある”What are〜?” のtの実際の発音はl(エル)
と同じものになりますから、「ワッター」ではなく「ワッラー」です。

 当フレックスでは数年前から中一、二年生に週50分のリスニング授業が選択として
設置してあります。実はこの授業では上記の1から5までを教えているのですが、たい
へん効果が大きいことが判明してきました。

 今年の10月の月例テストでは、講座をとっている中2の生徒のリスニング問題の
正答率は70%以上(100%ではないのが悔しいのですが---)で、取っていない生徒は
26%でした。これくらいはっきりと差が出ています。

 初めは聞き取りがうまくなかった生徒も、1か月2か月と過ぎていくと正答率が
飛躍的に上がってきます。一番効果が大きいと思うのはディクテイション練習です。
聞いた英文を書きとめる練習です。これは頭の中に聞いた音を記憶していなければ
なりませんので、上記の1から5まですべての力を必要とするからです。

 文法と単語の練習だけでなく、生きた英語をこの時期に身に着けることは大きな
財産になると確信しています。
近いところでは、定期試験、高校入試(都立高で20点分がリスニング)、大学入試
センター試験で50点分がリスニングになっており、さらに大手企業の重役会議特に
輸出産業の会議はほとんど英語で行われているなどその有用性は限りがありません。
 英語の重要性はますます増していくであろう。

 実力を試すには入りやすい英語検定があり、さらにトーイック*、トフルなどあるので
ぜひチャレンジしてほしいものです。

 私としては、進学とか昇進は別の事として、外国の人と意思を通じ合えることは
かけがいのない楽しみ、喜びであり、さらに物の見方を広げてくれる絶好の道具で
あるゆえに外国語をマスターすべきだと思うしだいです。

 *トーイック=TOEICは日本では年10回実施され[3]、受験者数は、2012年度は約230万人となっている。
 試験は、聞き取り (Listening) が100問と読解 (Reading) が100問の計200問の構成となっている。設問は、身近な事柄からビジネスに関連する事柄まで、幅広くコミュニケーションを行う能力を測る目的で作られている。(Wikipediaからの引用)
posted by 塾王 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする