2016年07月03日

高校に入ってから伸びない子の勉強方法はどこがいけないのか

● 「中3で応用問題に触れることが少ないから」です。
 フレックスの生徒は都立私立の両方に進学しているが、入ってからも伸びるために
難しめの問題も学習の中に織り込んである。都立入試には出そうもない問題もやっている。
当たり前といえば当たり前のことだ。実力を付ければいいのだから。

● 東大に多数の生徒が入る中高一貫校の進学校は中学の時から徹底した計算トレーニング
をやっている。かなり時間もとっている。ただしレベルは公立上位校と同じなのだ。
 では、なぜ公立は負けてしまうのか?
公立校は、こういう私立校に負けまいとして「難しすぎる教材を使っているから」だ。
 基本的な導入部分をそそくさと終わらせている。ここをもっと丁寧にやっておく
必要があると思われる。公立の生徒は基礎がしっかりしないうちに難しい問題に取り組ま
されてで苦しむことになる。公立高校の教師からすれば時間が足りないから「基本は
自分でやっておけ!」という事になっているらしい。

●こういう状況だから、都立校の(とは限らないのだが)生徒は難しい問題を解いていれば
成績が上がると思い込んでいる
。いやいや、その考えは間違っていますよ。
 もっと、基本の考え方をしっかりと固めてからのほうが速く実力が伸びますよ。
 要するに根本から積み上げるべきなんです。場当たり的な解決を得るような学習は
無駄だと思います。「基本から積み上げる。」これが重要です。

● フレックスでは高3生でも基本をしつこく叩き込んでいます。もちろん、基本ができている
レベルの生徒には時間の無駄なのでやりませんが。しかし、その場しのぎの学習をやっている生
徒は実にたくさんいると思います。基本を叩き込むのに普通3か月くらいはかかります。途中か
ら入る人には本科の授業と並行してこの基本を教えています。

posted by 塾王 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

伸びる生徒の考え方

成績を伸ばす生徒の特徴を一度述べてみたいと思う。
 なぜか?
どうやったら伸びるのかが分かっていない人が増えているように思えるからです。
特徴1 自分を伸ばしたいと思っている事。
  それはおまじないではないので口先で唱えるのではなく、自分の頭脳を働かせるという事だ。
  それは誰にとっても頭脳の疲労感へと繋がることであるが、人間の能力は鍛えれば
  耐久力も伸びるのだ。
   考える事、鍛えることを初めから放棄してはならない。そういう人激増しています。
  君を伸ばすのは君自身だ。周りに流されないことが大切でしょ。
  
特徴2 教える者のいう事を信じる事。
  たとえ教えてくれる者がヘタな教師でも、だ。
   時代というか、世相がそうさせるのだろうが、相手の言うことを疑ってばかりいる人が
  多いような気がする。そういうことをしている間は決して伸びてはいかないものだ。

   たぶん判断能力が恐ろしく欠けてきているのだろう。だから動けないのでは?
   誰の? 生徒自身もまわりの大人もではないのか。
    こういう人たちは自身では判断が付けられないので、中身よりも見かけで
   物事を判断するのであろう。
    「黒は黒」であり「白を白」と呼ぶ勇気を持つべきだろう。

特徴3 素直な事。
   先入観を捨てて、一から考え方を積み上げていくことが重要だ。変な癖がついてからは
  なかなか直せないものである。これは勉強だけではありませんがね。
 
posted by 塾王 at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

南多摩中等学校 2016年 入試問題 解説・解答

2016年 南多摩中入試問題 解答・解説
 [適性検査U]
大問1 連休時の高速道路でなぜ何十キロもの渋滞ができるのかを説明している面白い問題。
【問題1】 @ 設問は「元の位置から車Bと車Cが3マスずつ進み前の車に追いついたら1回休んで3つの車が11マス目を超えるのに何回の移動が必要か。」を問う問題です。これは図を描いて変化のようすをたどっていけば答えが出ます。車Aは1マスずつしか進まない事に注目することが大事です。生徒にとっては設問や条件の文が長すぎて問題の規則を理解するのに相当時間を取られたのではないかと思います。
  A 7回
 A 条件から車B、Cともに1回に3マスまでしか進めないし(見落とさないように)、1マスずつ進んだのでは車Aに追いつけなくて時間がかかってしまうことから、B、Cともに2マスか3マスずつ進むと考えるとその組み合わせは(B,C)=(2マス、2マス)(2マス、3マス)(3マス、2マス)
の3つのうちのどれかを答えればよいことになる。

【問題2】 「後ろから追いついたら1回休むという条件で、ゴールするまでに休んだ回数を答える問題」です。
  Aの考えから、いずれも表を作り、変化のようすを順にたどっていけば答えが出るはずです。
  (1)(B,C)=(2マス,2マス)の時に止まった回数は7回  (2)(B,C)=(2マス,3マス)でも7回 (3)(B,C)=(3マス,2マス)で6回 が答えになります。
* 訂正(赤字部分):1回に1マス進むことも可能ですから組み合わせがもっとあることになります。従って、問題2も (B,C)=(2,1)とすればBが2回止まりCが0回止まることになり、合計2回という事が言えます。

【問題3】 問題の条件を (i) 車@が18q先のゴールに着く時に車Bが2回目に追いつく時が車Bが最も遅い速度であり」 (A) 車@がゴールに着く時、車Bが3回目に追いつくのが最も早い速度だ、(そしてこの速さを捨てる)と考えて計算すれば答えになります。
  (@)の場合 車Bが9qを20分で進むと考えると 9q÷(3分の1時間)=27q/時
  (A)の場合 車Bが6qを10分で進むから 6q÷(6分の1時間)=36q/時 となるが
  これは3回追いついてしまうことになるので条件から36q/時未満の整数値で一番早いのは35q/時となります。
   A. 時速27q以上35q以下
   この問題は算数的とも言えるのだが、必ずしも算数得意の生徒に有利とも言い切れない。文系的な頭の生徒にも解ける問題であった。ただし時間はかかっただろう。ここで時間を使いすぎなければ全体的に得点できたのではないだろうか。ここで時間のロスをしたかしないかは合否の大きな分かれ目だったろう。

大問2  歴史に関する問題。他県ではかなり出題され始めていたので、今年は出るのではないかと予想していましたが、やはり出ました。ただし、問題1は歴史問題だが問題2はx軸、y軸による座標問題だと言えます。
【問題1】 設問は「室町時代に3代将軍義満は武家なのになぜ金閣寺のような建築物を作ったのか。その根拠と類似なものを示せ」というもの。これは小6にとってかなりの難問だったのではないだろうか。要するに「足利氏は武家なのに寝殿造りである金閣寺のような貴族的なものを好んだ。」という趣旨で書けば得点をもらえたと思います。その類似なものは具体的には
 @ 能や狂言の奨励
 A 枯山水の庭園 
 B 連歌の隆盛 
等があげられるであろう。

【問題2】平安京の区画の仕方と建物の住所の表示方法に関する問題。右側を左京、左側を右京と呼ぶことに注意しましょう。
 A @ 西本願寺=「左京区七条二坊」 A 東寺=「左京区九条一坊」

【問題3】 川にかかる堰の改良により、魚たちが上流と下流の間を自由に行き来できるようになっていく様子に着目して回答する問題。
 解答例 「2010年に堰Bを改良したため、2009年には堰BとCの間にいるマスの数が0だったのに対しマスの数が増えてきた。2011年には堰Cを改良したためにそれまでより約2.6倍(141÷54≒2,61)のマスが行き来できるようになり、AB間も約1,8倍(16÷9=1.77)に増えた。さらに堰Cと白い川の合流点の間のマスの数も大幅に増えている。」
 
大問3 理科の問題。
 【問題1】アゲハチョウの幼虫の体のつくりは資料1のモンシロチョウの幼虫と同じだから、目が1の部分から、足が2,3,4の部分から、羽は3,4の部分からできてくることになる。アゲハの幼虫の体の4のところにある目のような模様を目と勘違いしなければ良い。
 A,目=1、足=2,3,4 羽=3,4の部分(このうち2つを答える)

 【問題2】さなぎの色が緑になる場合と茶色になる場合の条件を識別する問題。資料2の結果2をよく見ると「明るい部屋で紙やすりに幼虫を載せると27個すべて茶色になった」ことに気付けば入れる板はCでケースの明るさはEだと分かるはずです。 A,CとE 
 ここは条件を素早く理解すれば、比較的短時間で答えが見つかるでしょう。またそうしないと高得点にはならないでしょう。

 【問題3】モンシロチョウがさなぎから羽化するまでの環境の変化を考える問題。なぜ㋐よりも㋒や㋓のほうが羽化する数が集中的に増えるのかを見ぬいてほしい。気温を5℃で冷やしておいて(これは冬の期間を思わせる)ある期間を経た後に(6週間とか9週間)25℃に室温を上げる(これは春の到来を思わせる)とさなぎは羽化すべき時ととらえいっせいに羽化すると考えられる。
解答例,5℃の期間を長くとるとさなぎが成虫になるのに日数が多くかかるが、いっせいに成虫(=羽化)する割合が高くなる。(「冬から春になり成虫になるべき時が来たと感じ取ると考えられる。」と付け加えても良いでしょう。)

 (*解答が勘違いして誤りが含まれていたらどうかご容赦ください。)
posted by 塾王 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 入試問題分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

都立高校合格発表

 都立高校の合格発表が行われた。平均倍率1,5倍(当日欠席者も出たと思われるので
学校によってはもう少し低かったかもしれないが)の中、熾烈な受験だったはずだ。
 八王子地区周辺の都立に絞れば、去年までとても倍率の高かった町田高校あたりが
今年は男子1,29倍、女子1,40倍と「普通」であったのが目を引きました。立川高校も
男子1,42倍、女子1,49倍でやはり例年よりも低かった。それに比べて国立高校は男子
1,66倍、女子1,725倍で相変わらずの激戦だったようだ。(計算方法:当日受験者実数÷
定員)あと厳しかったのは南平の女子1,57倍、富士森の女子1,64倍、男子の1,54倍。
富士森は去年までとは大きく様変わりした。女子などはこれでも2月16日の差し替
えで30名も他校に移動したにもかかわらず高倍率であった。
 振り返ってフレックス塾生はというと、その富士森高校は3名一般受験で全員合格
。南平は女子が1人男子が1人受験し2人とも合格。特に男子のT君は合格内申基準点か
ら5点も不足していながらの合格であった。これはその前の私立校受験で拓大一高に併願
なしの一般受験で受かっていたことによるチャレンジ受験であった。彼は勢いに乗って都立も
受かってしまいました。お見事、の一言。
 ともあれみんな良く乗り切りましたね。私としては今年は「全員合格」をめざしました。
結果は「ほぼ達成」と申しておきます。
 一つ付け加えるとすれば、今年国立高校に受かったK君も南多摩中に受かったA君も
共にフレックス二世だったんです。K君はお父さんが25年くらい前のフレックス卒業生で、
A君のお母さんも(ずっと若いのですが)卒業生でともに八王子東生だったのです。
 どうやら、私が「まだ元気ようなので、この人に任せれば何とかする」と思っていただけ
たのだろうか?まだお二人に尋ねてはいませんが。
 下記に今年の都立高校の実績を載せておきます。
 
 「都立高校入試合格者」

 ●国立高校 1名  
  K(八王子第4中)
 ●立川高校 1名
N(ひよどり山中)
 ●町田高校  2名
  K(八王子第5中)
  O(八王子第5中)
 ●日野台高校 3名
  K(楢原中)
  K(八王子第5中)
  W(八王子第4中)
●南平高校 2名
F(ひよどり山中)
   T(ひよどり山中)
 ●翔陽高校  2名
  O(八王子第6中)
  H(八王子第6中)
 ●富士森高校 4名
  K(八王子第6中)
  O(ひよどり山中)
  K(八王子第2中)
  U(八王子第5中)
 ●日野高校  2名
  N(楢原中)
  M(八王子第4中)
 ●小川高校  1名
  M(八王子第6中)
以上 3月3日現在
posted by 塾王 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校入試に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

2016 私立高校 一般入試推薦入試合格結果

私立高校推薦入試に続き、私立高校一般入試の結果が出そろいました。

 私立高校入試合格者
 ● 中大附属高校  1名
    K(八王子第4中)
 ● 拓大第一高校  8名(特進科2名、普通科6名)
    K(八王子第4中)
W(八王子第4中)
K(八王子第5中) 
     O(八王子第5中)
     K(楢原中)
     K(八王子第5中)
   F(ひよどり山中)
    T(ひよどり山中)

 ● 狭山ヶ丘高校  1名(特待)
    K(八王子第4中)
 ● 錦城高校    1名
    T(八王子第6中)
 ● 杉並学院高校  2名
    O(ひよどり山中)
    T(ひよどり山中)
 ● 工学院大付属高校 1名
    U(八王子第5中)
 ● 佼成学園女子高校(特進科) 1名
    O(八王子第7中)  
 ● 東海大菅生高校 2名
    O(八王子第6中)
    M(八王子第6中)
 ● 日大明誠高校  3名
    Y(八王子第6中)-特進科
    O(八王子第7中)
    A(八王子第2中)
● 八王子実践高校 2名
    H(加住中)
    K(八王子第6中)
 ● 昭和第一学園高校 1名
    M(八王子第4中)
  おめでとう! 2月16日現在
posted by 塾王 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

都立中高一貫校南多摩中に合格!

 私立中に続き、都立中入試でも合格者が出ました。
受験したのは3人です。ここ一年間でやり遂げました。
 期間がもう少し欲しかった。そうすればもっと充実した内容で授業ができただろうとは思う。
 でも塾生が本当に頑張ってくれたのです。
戦う方法としては、生徒一人一人の強みと弱点が違うので、その修正・弱点補強に力を注いだ
事が功を奏したようです。3年前までに積み上げたノウハウに加えて、新たな試みもやってみました。
 入試問題としては、予想が大体当たったといえる。
というよりも、考え方として重要な部分をなるべたくさん生徒に見せ、説明し、考えさせただけです。
 問題そのものの解説と傾向はもう少し経ってからお見せしたいと思います。
posted by 塾王 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

日本の中高生の英語力

 文科省によれば、今の日本の中3生の8割近くが「聞く能力」において英検3級程度にも達していないそうです。(2月3日版朝日新聞などによる)
 以前から何回もこのブログに書いてきたのでいまさらですが、”なぜ日本の中高生の英語力は上がらないのでしょう?”
 結論めいて言えば「本当に英語力を欲している人がいないから。」ではないでしょうか。
入試にあるから仕方なくやっているだけで、本気でやる気はないからではないでしょうか?
それは教わるほうだけでなく、教えるほうも同様だからではないのか?と、思えます。
 私自身の経験をお伝えすれば、若い時に米国の西海岸から東海岸まで一人で旅行した時のことを思い出します。(遙か昔のことですが)
 移動はキャンピング・カーで4日半かけてのものでした。一緒にいたのはイギリス人一人を含む5人のアメリカ人の若者とおじさんひとりと車の持ち主のおばさんと私の計8人だった。彼らの英語も一人一人全く違っていたのですが、行く先々でいろいろな人種による異なる英語発音に出くわし、毎回必死で相手の言うことを聞き取ろうとしました。道を聞いて聞き落せば、行きたいところへも行けないのですから、それこそ必死です。一か月半後に日本に帰ってきた時には体重が3キロも減っていました。(この辺は塾生に良く話したので”ああ、あの話”と思う人もいるでしょね---)
 どうしても必要だから必死にやるという事をこの時に体で覚えられた、と思います。その苦労の代りに、いろいろな人に会えてコミュニケーションが出来たし、いろいろな風景、街、通り、空気を感じられたことは何物にも代え難いものであった。やはり外国語が使えてよかったー、使えて楽しー、のです。でも彼らの話し方はめちゃくちゃ速かった。こちらが英語が話せるとわかっているので、それこそ情け容赦なく速かったのでした。
 塾や勉強には何の関係もない話で申し訳ない。
 
 話を戻せば、フレックスでは中1,2で週1回のリスニングクラスを置いています。この時期が「英語の聞く力、話す力を付けるのに適切な時期」だと思うからです。その結果の例として今年の中3塾生のうち受けていない生徒も含めて83%が英検3級に合格していて、受験者のうち95%が合格しています。準2級取得者は3名受験で全員合格しています。これは特に英検の準備に時間を費やしたわけではなく(中3生にそんなに多くの余計な時間はありませんから)、普段の受験勉強に少し+αの知識を教えるだけです。それでもこのくらいには結果は出るのです。もっと多くの時間が取れればよいのですが、進学塾ではこのくらいが時間的に限度かと思います。
 しかし恐らく、この少しの努力が大人になっても大きなアドヴァンテージになると確信します。
この時期にしかできないことです。
 卒業生の中には、海外勤務する者もいて、久しぶりに会って話をすると「先生に習った英語でいきなりの海外勤務をこなすことができました。」という話をしてくれます。(半分はお世辞なのでしょうが)
 さらに、初期の教え子たちはもう40歳代も後半になっていて、大学の教授になって私よりも遙かに英語に熟達した者もいます。その子たちが時々訪問してくれて、昔話に花が咲くこともあって「あー、もうこんなに長くやってきたのだなー」と、思うことが増えてきました。でも、彼らの活躍は嬉しいものです。
 
 
posted by 塾王 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

高校入試が始まりました

高校入試と合格発表がいよいよ始まりました。
私立高校
 塾生の私立高校推薦入試は主に単願形式だったので、落ち着いたものだった。
 【合格校】
  錦城高校   Tくん(八王子第六中)
  日大明誠高校 Yくん(八王子第六中)
          Aくん(八王子第二中)
          Oさん(八王子第七中)
  八王子実践高校 Hくん(加住中) が合格しました。

都立高校
  こちらは、相変わらずの高倍率であったが4人の塾生が合格しました。
 【合格校】
  立川高校 Nくん(ひよどり山中)
  翔陽高校 Hさん(八王子第六中)
  日野高校 Nくん(楢原中)
  富士森高 Kくん(八王子第二中)
                  (以上2月3日まで)
  
posted by 塾王 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016 中学入試 合格速報A

 いよいよ2016年の受験が始まりました。
私立中学入試
 今年は2人の私立受験生が挑戦しました。Tくん(八王子第一小)
は愛知県の海陽中(偏差値72=首都圏模試による)に合格しこの春から
寄宿舎生活に入ることになる。大変な苦労があると思うが、がんばって大きく
育って欲しいと思う。小4の時からフレックス一筋に通ってくれての合格は
ほんとに祝ってあげたい。
 一方、Hくん(八王子第二小)も明大八王子中、桜美林中、工学院中と3戦
3勝と見事な受験であった。二人とも第一志望校合格である。
 昨年は私立中受験生は0人だった。
合格実績0人なのに、塾を信じてここまで一緒に戦ってくれての合格なので、
ことさら喜べる合格だった。
posted by 塾王 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

2016 中学入試合格速報@

塾生Tくん(八王子第一小)が1月の受験で愛知県の海陽中の特別給費生試験(合格
偏差値72-首都圏模試センターによる)に合格
しました。
 おめでとう!
 本人の努力に拍手
 この学校は愛知県にあるので東京の皆様にはなじみがないかと思われますが、
偏差値的には麻布中海城中くらいにあたります。
 フレックスでは近年は地元とか地元に近い私立中・都立中である桜美林中、日大三中、
工学院中などに進学することが多いのだが、このような跳びぬけて高いレベルの生徒
をしっかり合格させられて大変嬉しく思います。
 さあ、君もフレックスの力を利用して合格を手にしてください。
posted by 塾王 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする