2019年10月17日

英語4技能評価への不安に対して

大学入試における英語の4技能の能力判定に関して、いま文科省、大学入試センターをはじめ各界で大きな動揺が起きている。
 第一に、この能力を測るテストがいくつもあり、(英検CBT、GTECH, TEAPなどの7種類もある)それぞれの特徴が違うのに公平な判定ができるのかという点が指摘されている。
 第二に、上記のテストがかなり高額であり、受験生にとっては負担が大きい。
 第三に、一年間に2回受けるということが期間と回数が適切かどうかという点。
  などが挙げられている。
 私の個人の意見としては、日本人が英語力をつけることには賛成だが、上記の点に関しては、同様な疑問を抱いている。確かに日本人の英語運用力は世界的に見て低いのかもしれないが、いままでの教育を受けていた世代にも英語を上手に操っている人もたくさんいる。実用英語試験を強制的に入れることで、日本人の英語力を遮二無二上げようとする点に無理はないのか。これまでの英語教育は全く意味のないことをやっていたのか。
 なにが従来の英語教育に足りなかったのかなどについて、まずはしっかりと確認することから始めなければならないのではないだろうか。検証が不十分のまま4技能路線に走ってしまったことが問題だった、と思う。
 私が従来の英語学習上で足りないと思うものは、
 @ 日本人が英語のリズムを体得する機会が足りない。(ダンスをやったり、ジャズやロックのどの音楽を聴くのは効果が大きいだろう。) 
 A 単語同士のつながり(リンキング)に関しての教育の場が不足。
 B 間違うことへの恐れ(文法や単語)が 日本人から積極性と奪っている。この点に関しては、間違いながら直していけばよいという前向きな  姿勢を認めていくことが重要と考える。
 また従来行ってきた物の中から、単語・熟語をたくさん覚えること。文法も重視する(特に文型と主な品詞への理解を重視する)ことなどは、長文理解力をつけていくためにも英語力全体を上げていくためには不可欠だと思う。ここが一番おろそかになってはいまいか。
 ところで、実際の中学校の現場での学習はどうなのであろうか。たとへば、わが塾に中3から入ってくる生徒の多くはrとℓの発音の違いはおろか、th やf、vの発音すら習わずにいた生徒を多く発見する。リンキングどころの話ではないのである。もう少し学校でも中1時に基本を教えてやってはもらえないだろうか。そして宿題の提出日だけ守らせるような現状こそ早く改め、生徒がやる気になったら、自分でも英語力を伸ばせるだけの基本を教えてあげていただきたい。今のままでは、普通の生徒には自信も基礎力も付かないと思える。
posted by 塾王 at 01:16| Comment(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

2019年 夏期講習が終了

 今日、2019年の夏期講習が終了しました。
生徒の皆さん、頑張ったね。みなさん、お疲れさまでした。
これからしばらくお休みを頂き、英気を養って9月からまだ頑張りましょう。
 
posted by 塾王 at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

フレックスの授業は何で楽しいのか


楽しい授業のフレックス。なんで楽しいのに成績が上がるのか?
いつの間にか成績が上がっているフレックス、と言われるのはなぜか?
 楽しいだけで成績が上がるはずがありません。学習が定着するための仕掛けがあるからです。
第一に一級のわかりやすい授業がありますよ。これは受けてみないとわかりませんが。
それも大きな体系を熟知しての授業ですから、時を経るごとに本物の学力になるわけです。
それを”いつの間にか”と生徒は呼ぶのです。
 時間を十分使っての「本物の学習」ですから、ある意味徹底的に勉強できるわけです。
でも、ずーと勉強ばかりでは生徒も疲れ切ってしまうので、時々楽しい話(教師の過去の
自慢話、と笑う生徒もいますが)をして脱線するわけです。それを「楽しいけれど」と表現し
くれているのだと思います。
 お判りいただけますでしょうか。楽しいけれど、いつの間にか成績が上がる本当の理由という
言葉に対する私の理解はこういうものです。

posted by 塾王 at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

2019年 大学入試合格実績

2019 大学入試合格実績
 今年も全員現役合格を果たしました(4年連続!)

【国立大学】
■ 東京農工大学(工) ---1名
【私立大学】
■ 法政大学(文)   ---1名
■ 東京女子大(現教) ---1名
■ 國學院大学(文)  ---1名
■ 桜美林大学(ビジ情報)---1名
■ 東海大学(情理) ---1名
■ 目白大学(外国語)---1名
■ 亜細亜大学(経営)---1名
■ 明星大学(経営) ---1名
■ 帝京大学(経済) ---1名
■ 和光大学(経営) ---1名 等 3月22日現在
posted by 塾王 at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

2019年 都立高校入試

 今年の都立高校の入試問題の特徴としては、英語と社会の得点が下がっただろうという事です。
特に社会では地理問題で良く知られている国ではなくアジアの中でも知られていない国が問題になっていた。
 サウジアラビアでエビが取れることを知っている中学生は少なかろう。
また、地図の位置と説明の内容が両方正解で4点になるので、生徒は多くの時間と労力を必要としたものと思う。
 この点に関しては、私としては「いたずらに面倒くさくなっている問題」のように思える。本質でないところで
問題作成者が得点を下げようとしている気がしてならない。
 これはおそらく、自校作成校の英数国の点に合わせて「差が付くように問題を作成した」ためではないかと思われる。
 ご存知のように、いわゆる自校作成校の英数国の平均点点は50からせいぜい65点くらいだ。それら学校の理社の平均点は
恐らく80点以上で差別しにくくなっているはずだ。
 こういう点から今回のような社会の問題になっているのではないかと思われる。
はっきりいって私はこの傾向はあまり気に食いませんが。
 まあ、文句はそのくらいにして、わが塾生たちはがんばりました。以下に今年の実績を載せます。
 
 上位校(国分寺高校〜翔陽高校)受験11名で全員合格です!
 
2019都立高校入試合格校
■国分寺高校---1名
 M・Mさん(八王子6中)
■町田高校---1名
 O・Rさん(ひよどり山中)
■日野台高校---1名
 S・Rくん(八王子4中)
■昭和高校---1名
 S・Yさん(八王子6中)
■南平高校---2名
 S・Tくん(ひよどり山中)
 S・Hさん(横川中)
■狛江高校---1名
 K・Nさん(八王子6中)
■翔陽高校---4名
 S・Mさん(八王子5中)
 S・Tさん(八王子6中)
 Y・Kさん(八王子6中)
 F・Nさん(八王子6中)
■富士森高校---1名
 Tくん(ひよどり山中)
■片倉高校---1名
 M・Nくん(八王子6中)
■八王子北高校---1名
 Nくん(八王子4中)
■若葉総合高校---1名
 Sくん(ひよどり山中)
■多摩工業高校---1名
 N・Kくん(八王子4中)    以上3月1日現在
posted by 塾王 at 00:28| Comment(0) | 受験結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

2019年 中学入試 合格速報

大事に大事に育てます。
今年も全員合格を果たしました。 おめでとうございます!

 ■ 帝京大中合格--- A・Aくん(八王子3小)
 ■ 穎明館中合格--- A・Mさん(八王子9小)
 ■ 八王子学園中--- A・Aくん(八王子3小) [東大・医進クラス]
               Y・Sさん(八王子5小) [東大・医進クラス]
               A・Mさん(八王子9小)  
                        以上  2月5日現在
 これで中学入試は9年連続全員合格を達成したことになります。
 入試壮行会でお母さんに「フレックスでの受験勉強は楽しかったと生徒本人が言っています。
いえ、楽しすぎるのではないか、と私は感じます。」と仰っておられました。
 そう、楽しすぎる受験勉強がフレックスの受験特訓クラスなんです
 それでいて、みんながほぼ第一志望に合格しているんです。信じて頂けるでしょうか。
 事実ですよ!
体験授業を通して実際に体験をしてみませんか?
ご希望の方は、今すぐ下記へどうぞ。
 ☎:042−649−7064
posted by 塾王 at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

進学塾なのにリスニング力養成に力を入れているフレックスのリスニング授業について

なぜフレックスは受験指導に重点を置いているのに、「リスニング力養成講座」があるのでしょうか。
それは英語力全般を上げるのに有効だからです。
 まず現在の高校入試、大学入試で必要ですし、比重も大きくなってきています。
まあ、フレックスがこの企画を始めたのはもう10年くらい前になりますから、現在のように
文科省が重視し始める前からなんですけどね。
 入試の目的のほかに、やはり英語は他の科目と違って、耳から入って脳を刺激して成り立つ
科目だからです。聞き取ることを訓練すると英文を自分で読んだ時に英語回路ともいうべきものが
動いていちいち日本語にしなくても、英語が理解できるようになる可能性が高まるからです。
 現在の高校入試の長文など昔よりずっと長くなりそれこそ長文なのです。もし知らない方が
いらっしゃいましたら是非一度見てみてください。
 という事は、本物の英語力が付くという事です。これはspeakingにも英作文にも良い影響を
与えるはずです。
 以前今年の英検の合格者数を掲載しましたが、中3で準2級に合格した生徒の多くはもちろんこの講座を受けていました。
 また、最近入塾したA君もこの講座を取ってからの期末試験では,20点満点の数点から17点を取るまでになっています。
 現在は中2生対象に講座を実施していて、中1の方からは早く中1も始めるようにと催促される方もいます。

 もう10年以上やってきて効果が確かなものなので、興味のある方は是非塾にお問い合わせください。
ユーチューブで見てみてくさい。
  https://youtu.be/50NYYQTY86g
posted by 塾王 at 00:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

当塾の授業料ーあるポータルサイトの評価に対して

 ある大手の塾専門ポータルサイトに当塾が出ている。
そこに卒業生の父母によっていくつかの点で5点満点で塾が評価がされている。
去年度の父母という人の評価で「授業料」に対して「1」が付けられているのを見て私は驚きました。
 ただ救いは教師の評価は「5」と最高点だったという事です。

 本人も書いておられるが、授業料を高いと思うか安いと思うかは主観が入ります。なるべくなら低く抑えたいと
常日頃思っていますが、先生方の生活もありますからあるレベルよりは下げることが出来ません。
他の塾と比べてみても、私の塾が特別に高いとは思えません。ここ15年くらいはほぼ上げていないのですし。
 
 実はこのサイトは(他も同じかもしれませんが)有料会員と無料のものが混じっているのです。
で、よく見てみると有料の(たいていは大手の塾)会員は悪いことは書かれていないのです。
(それでも評価の低いところはあるようです。)だから無料会員としては当塾は評価が高いのかもしれませんが。
 この辺の実情は良く解かっていません。書いた人が実在なのかもわかりません。そのサイトが断りもなく載せているからです。
ただ、中には「あー、あの人かも」という人もいて、すべてでっち上げとは言えないかもしれないというところです。
 
 そもそも、どうもこの授業料が非常に高いという評価の根拠は、過去に設置した最後の数か月に逆転合格をめざす高3
受験生のコースの事を指しているように思えます。このコースはクラス授業をすべて好きなだけとれ、個別授業も取れ、
個別コンサルティングを週2回行いさらに映像授業も取れるというあくまで特別コースなのです。
因みに、今年からこのコースはありません。
 
 実際昨年の在塾高3生の授業料を調べてみると月額費用は2〜4.7万円でした。
 公表してある授業料による通りです。
このように、フレックスの授業料は特別に高くはないと申し上げたいのです。
 どうぞご理解ください。

 

posted by 塾王 at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

2018年 英語検定 合格実績

英検の結果
2018年11月までの塾生合格者数
 【2級】  2名(中3-1名、高2-1名)
【準2級】 9名(中3-7名、高1ー1名,高2-1名)
【3級】  16名(中3-13名、中2-2名,小6-1名)
 【4級】  1名(中2-1名)

 今回は中3の生徒が4名準2級にチャレンジして合格し、前回6月と合わせて
7名も受かりました。(受験者8名で)
 私の見方としては、中3で準2級に受かれば、大体都立自校作成校の英語が
合格点をとれると考えています。受からなくても自校作成校に受かる人もいますが、
大体の目安です。例年は2〜3名ぐらいの合格者数ですから高い合格率でした。
 中3の上位クラスは今年は10名ですから、ほとんどの生徒が英語は八王子東高
や国分寺高校を狙えるのですが、英語だけでは受かれませんから、何とも言えない
ところです。
 ほとんどの生徒が中1から楽しく地道に力を付けてきたと言えます。
受からせる秘訣といえば、英語の総合力ーー文法力、聞く力、書く力、読む力ーーを
まんべんなく付けさせたことといえます。
 進学塾として普通にある程度ハイレベルのテキストを使い、中1の時から塾の
英語リスニング講座も週1回受けてもらいました。
 英検だけを目指して特訓をしてきた訳ではありません。
 あくまで本物の英語力をつけて、良い高校に受かるという目標で学習させています。
最近は4技能4技能とうるさいのですが、普通に学習すれば良いだけなのに、と私は思っています。
 まあ、何を普通というかの問題になりますが---。
 
 *当塾では3級以上の面接練習も行っています。とにかく
   みんな、合格おめでとう!!
posted by 塾王 at 00:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

個別授業とクラス授業 どちらがより伸びるのか

どちらを選ぶべきか迷う方も多いことでしょう。
ここでは、個別授業の弱点を上げて、どういう考え方で今塾を選ぶべきなのかについて
三十数年の経験を踏まえて、また当塾での取り組み方を交えて個人的意見を述べます。

 個別の弱点
 1.クラス授業に比べて、時間数が圧倒的に少ない。
   また、時間を増やすと料金がどんどん高くなる。
 クラス授業なら週6時間から7時間の授業で授業料が2万円台。(中2の例。)それに補習は無料(フレックスの例)
各科目を週に2回3回と継続的に勉強するほうが定着が良いと言えます。
 個別指導も一科目を週に複数回学習するほうが効果が高いですから、この方向で考えたら良いと思います。

2.良い先生になかなか当たらない。
 ここが一番重要。教師は生徒の解らないところを察知し、解決法を見つけなければならない。
 これができない未熟な教師が多い。が、父母の方たちはこのことに気が付かないらしい。
 フレックスでは、クラスも個別も経験豊かなベテラン教師が担当します。
 そして、クラス指導といってもフレックスでは、無料の補習が組み込まれているのです。
(例えば、通常授業の補習以外に英検対策等も含む)
   
 3.楽しくない。
 成績が伸びれば誰でも楽しくなるはず。納得のいかない授業では生徒の顔は輝かない。
フレックスには事情により中2まで個別で勉強していたが、中3になってクラスに入り、英数国とも20点台から
70点台、80点台に伸びていった生徒が何人もいるのです。それらの生徒たちの顔つきの変化を私はずっと
見てきました。この目の前での変化を。八王子6中のF君などもこの例に入ります。現在塾生の妹さんの話では
高校に入って英語は学年で1番だそうで、自信を持って頑張っているとのことです。妹さん自身も苦手だった英語がここで(二学期中間テスト)一挙に80点台に伸びて、顔を上気させて嬉しそうに先日私に話してくれました。
 このことに気が付いている個別塾は逆に、生徒の(あるいは親の)機嫌取りばかりやっています。気を付けてください。

4.納得できるまで、最後まで問題をやり切れない。
 個別は時間に制限があるので、最後まで生徒自身と担当が納得できるまで、考えさせたり教えたりすることができない。
この点、少人数クラスなら可能である。それはまあ、頑張りたくない人にはキツイことなのかもしれませんが。
 
5.成績が伸びていなくても、保護者は(あるいは本人も)気が付かない。
実力のある生徒なら、学力および得点力が伸びているかどうか自分でわかります。だからこういう生徒は個別でも良いのかもしれません。
 
 学校では1クラス30人以上での授業なので、個別指導を望む方が多いのだろうが、以上のような点から必ずしも
(というよりも多くの場合皆様の期待に反して)個別授業が生徒の成績を伸ばせるわけではないと私は強く思っています。
 また、時間的な都合や学力の点でどうしても個別授業を受けざるを得ない人は、良心的で伸ばすシステム・教師をそろえているを
塾をよく見て選んであげてください。安易に選んでいる人が多いと思います。どこでも良いということではありませんよね。
 個別では伸びないという訳ではないのですが、条件をそろえたクラス指導のほうが成果は大きい、というのが私の結論です。
 
最後に、「個別は伸ばしにくいです。」とは、とある大手個別塾の社長が言っていた言葉です。これには笑ってしまいました。


 
 
posted by 塾王 at 01:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする