2015年05月17日

八王子東高校

八王子東高校の概要

(1)特色  
  フレックスの地元である八王子にある八王子東高校は日比谷高、西高、国立高校に続く 都立のトップ
レベル校の一つで、進学実績が伸びてきていますし、人気も高い高校です。
その伸びている理由は
@ 進学重点校に指定されていて、国公立大に4分の1近くの生徒が進学し、早慶やMARCHにも多
くの合格者を出している。
A 教師陣に優秀な人たちを募集して集めている。
B その教師陣たちが“研修会”を実施し、教材研究を重ねている。
C 教師間のライバル意識も高く、生徒たちにも高い大学を目指すよう意識付けが学校全体
で行われている。
D さらに秋の文化祭、体育祭に力を入れていて、生徒たちも前向きに取り組んでいる。
  (頑張りすぎるのがある意味難点かも。)

(2)合格に必要な事  
  @ 入試問題の傾向を研究する事。一般高校の入試問題と比較して、英数国の三教科は
    はるかに難しいからだ。
  A 早い時期から計画的に準備をする事
    中3の夏休みには学校の単元は終わらせて9月からは私立の上位高の出すハイレベルの
入試問題(特に数学、英語)に取り組んでおくくらいの用意は必要である。問題を採点し
て、なぜ間違えたのかを先生にしっかり説明しもらって自分の物にしておく事が望まれる。
  B 理社も高得点が必要。恐らく最低80点くらいは取る必要がある。
  C 内申点も高いものが必要。 内申点が5と4が半分くらいずつが最低ラインだろう。

(3)フレックスの考える八王子東高校合格作戦   
   @(2)の@〜Bまでは当然の事と考え、クラス分けにより中2の後半から上位
クラスの生徒にはハイレベルを目指すよう自覚を促し、教材もそれに合わせたものを
使用している。
   A 都立の理社の入試問題で高得点を取るために社会に目を向けるよう指導する。
    というのも、都立の理社の問題は他県と異なった独特の傾向があり、これに対応するには
知識の暗記だけでは間に合わないからだ。要するに視野の広さが要求され、また問題文自体
がこってりと長いのである。なかなか90点を超えるのは難しい。これは理科よりも社会科に
言えることだ。
   B 英語に関しては例年長文がかなり長いものが出されるので、速読、即解が求められる
ので英検の準2級を受けさせている。これには練習時間を取りしかるべきアドヴァイス
を行っている。(ただし2015年の問題はかなり易しかった。一般高とあまりレベルが
違わなかったので平均点はかなり高くなったものと予想している。)
   C 理社については入試前には「都立理社特別解説講座」を実施していて、一か月から一
か月半で大幅に得点力をアップさせている。
   D 定期テスト対策を行い、内申確保にも注意を向けている。

(4)フレックスから八王子東へ進学した塾生の声
 @「フレックスは僕が想像していた塾とは違っていた。」

都立八王子東高校合格
桐朋高校合格
桐光学園高校合格
八王子高校合格
  上原駿佑(八王子四谷中学)
(上原君の中3当時の合格の喜びの声。2014年に国立東京農工大に合格しています。)
 
  僕は中1の時、勉強に対してやる気が出ず、部活ばかりしていました。そんな中で中学2年生
からフレックスに通い始めました。勉強に対するやる気は変わらないと思っていたので、塾に
入ってもあまり意味がないと考えていました。
   ところが、フレックスは僕が想像していた塾とは違い、授業も面白くて生徒のことをよく考え
てくれる塾でした。確かに合宿や夜遅くまでの勉強は大変だったけれど、そのおかげで自分に必
要な学力が身に着いたと思います。
   ありがとうございました。

 A「フレックスは時間外で、何度も教えてくださり学力向上に役立ちました。」
東京外国語大学(スペイン語科)合格
早稲田大学(国際教養学科)同時合格
法政大学(グローバル教養学部)同時合格
 瀬川紗代さん(都立八王子東高校)
 (瀬川さんも中学生の時からフレックスに通い八王子東に合格し2015年に東京外国語大などに
現役合格しています。)
  FLEXには中3の夏休みからお世話になりました。
 受験期には世界史と個別の英語を受講しました。自分のスタイルに合わせて受講したいものだ
けを選べるのもFLEXの魅力の一つだと思います。
  また、先生方が分からないところを授業時間以外で何度でも教えて下さり、それが私の学力
向上にとても役立ちました。
   第一志望の大学に合格できたのは先生方のご指導あってのことだと思います。

ラベル:八王子東
posted by 塾王 at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

移転が完了

 今年は連休をほとんど使って教室の移転を行いました。 職員総出でがんばってやりました。
  004.JPG 007.JPG 006.JPG
 今までは小さい部屋や使い辛い部屋もあったのですが、 八日町の教室は広さとして同じなのですが、教室の部分を ゆったりと取ったので、授業をやりやすく思えます。
   まだ看板とか内装の面でも未完成な部分が残っているの ですが一応授業は順調に進んでいます。
 塾生および保護者の方々のご協力のおかげです。
ありがとうございました。
  さて、がんばるぞー。
posted by 塾王 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

冬休み

期末テストが終わりました。みなさん出来はどうでしたか。
がんばって良い成績の人の声を何人かご紹介いたします。

■ 期末で理科100点!やったー!!(ひよどり山中3年Tさん)
■ 期末数学100点とりました。(八王子6中3年Tくん)
■ 英語初めて90点台にのりました。(八王子一中2年Sくん)
■ 英語100点でした。他の科目もほとんど90点台で合計点が伸びました。
 (八王子楢原中1年Kくん)
 などなど、喜びの声が入ってきています。

 さて、思うように点数が伸びなかった人もいるでしょう。
その原因をはっきりと突き止めておきたいでしょうが、生徒本人には
それはなかなかわかりません。やはり、たいていの場合基礎の考え方がしっかりとして
いないのです。
 
 本人にやる気があっても、終わってしまっている単元で自分の弱いところを
見つけることはほとんど不可能といっても良いのです。

 そういう時は、たくさんの生徒を見てきた経験の深い先生のいる塾などを
頼るのが良いのではないでしょうか。
 公式だけや答えだけを教えるのなら経験の浅い教師にもできますが、生徒の
わからない時のいら立ちや焦りを沈めてあげて、じっくりと待ってあげられる教師が
たくさんはいないのです。
 そこのところをよく見極めて塾などをお選びください。

冬期講習でがんばろう!
ただいま冬期に向け無料体験授業実施中 フレックスは1週間が基準です
ラベル:冬休み 受験
posted by 塾王 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

今年の高校入試を振り返って

 都立高校入試は大変だった。何人かの生徒を落としてしまった。倍率は高いし、問題も
なかなか新傾向だったりして。

 英語は易しめだった。塾生の平均点は80点前後だった。数学、国語も例年通りだっ
たようだが、社会はとてつもなく難しかった。知識を問うのではなく、表の読み方、
類推問題などが中心で、まるで公立中高一貫校の問題のようであった。長ーい文章を
読みとおす読解力も必要である。学校の定期試験とはまるで傾向が違うのである。

 これは今後私どもの研究の余地があるという事だ。もちろん、このことは今年に始まっ
たことではない。数年この傾向が続いているのである。その延長線上にあるのだが、
それにしても---、である。
 一つの対策として、生徒は自分の好きなことだけに関心を持つのではなく、社会全般の事、
つまり政治、経済、歴史、地理等に幅広く関心を持って行くことだ。そういう学力を養成する
事が肝心だ。(--- 当たり前か?)
 今の生徒は、自分のせまい範囲の友人とかにしか強い関心を抱かなくなる傾向なので、
当たり前のことと分かっていても、”幅広い知識を教える”、といっても実行は簡単なこと
ではないのですよね。(なんか今回は愚痴っぽくなったでしょうか?本音なのです。)

 何とかする努力だけは続けて行くつもりです。
よーし、来年もチャレンジだ!
posted by 塾王 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

中学入試で必要な事 第1回

 いよいよ2013年の始まりですね。今年も皆さんよろしく
お願いいたします。

 まず、中学入試の問題ってどんなレベルなんでしょうか?


知っている方には当たり前のことでしょうが、これから
中学入試を考えている方に説明いたします。
 小学校の教科書よりもはるかに難しいです。
「そんな問題を解けるのか?」
 はい、解けるようになります。基本から積み上げていくと、
小学生は解けるようになります。ただしやるべきことがたくさんあるので
分かり易く論理的かつ効果的に教えてくれる先生が必要です。」


 また多人数教室では分からなくなると、質問ができなくなりますから
なるべく少人数の進学教室で学ぶ方が良いと思います。
 
「受験勉強をいつから始めたらよいのか?」 


やるべき事の多さから、一般的には小4くらいからが良いと思いますが
内容が本格的に難しくなるのが、小5の半ばくらいからですから、
その頃までにはスタートした方が良いと思います。
 生徒によっては小6からでも入試に間に合う人がいますが、人によると
言えます。
 フレックスでは小6から始めて偏差値を15とか20も上げた猛者も
いますが。
 当塾では、一人一人の才能を大切にしたいと思っておりますので、
もし、多人数の進学塾で伸び悩んでおられる方がいれば、より効果的な
学習で、才能がつぶれない道を示せると思います。
posted by 塾王 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

英語学習の動機付け

 最近の中学生の英語への関心が下がる中、何か良い手はないのだろうか、
とよく考えます。
 最近の若者は、外国留学も嫌がり、海外勤務などもってのほかだという話を
良く耳にします。
 私たちの世代であれば、ビートルズもアメリカ文化もあこがれの的であり、
英語を話せることは「かっこ良いこと」なのでした。いや、今でもある程度は
「かっこ良いこと」ではあるのでしょうが、「どうしても頑張って勉強しなくちゃ!」
と、いう気になれないのではないかと思います。彼らの心の深いところでは、西洋文化、
特にアメリカ文化に対する「反発」ないしは「無関心」が強いのではないかと考えています。
 最近のアメリカの政治的、経済的な動きを見てみれば、かなり不誠実な面が見えてきています。
そういう点が彼らのやる気をなくさせているのではないかと密かに思っています。
 
 そこで考えたのですが、日本のアイドル達が外国のプレスのインタヴューに答える時に
英語で答えてくれれば、相当に影響力を与えるのではないのでしょうか。例えばK-Popの
「ガールズジェネレーション」はインタヴューに英語で答えていて、かっこいいんです。
あと、アメリカで活躍している日本人プロゴルファーの宮里藍さんもツアーの優勝インタ
ヴューではすべて英語で答えていて、これも「かっこエカッター」んです。
 
 例えばパフュームとかが、これをやってくれると良いのではと私は思っているんです。
今年の秋に彼女たちはアジアン・ツアーをやっていて台湾や香港ですごい人気のようでした。
(このへん、ミーハーっぽくってすいません---。わーい(嬉しい顔)
 でも残念ながら会見では、ほとんど日本語で答えていました。惜しいなー。
パフュームの皆さん、是非英語の特訓を頑張って、若い子の見本になってください。
 そしたら近い将来、日本人の英語力はグーンと伸びているはずなんです。
 
 
posted by 塾王 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

英語が出来ることの魅力

 以前のこの欄で「英語の魅力と必要性」という題で書いたことがありましたが、
後で読んだら魅力についてほとんど書いていませんでした。改めて簡単に書き
足したいと思います。

 私も英語を通じてたくさんの外国の人と話をしてきました。話をするにしても
話をしただけでは、本当に中身のある話であるかどうかは分かりません。内容は経済、
政治、科学、教育、愛など様々ですよ。どこまで話せるかは相手との関係次第です。

でも話そうとすれば、咄嗟に英語にできなくても「言い換えの技術」さえ知っていれば、
何とか通じるものです。同じアジア出身の人とも英語で話が出来ます。例えばブータン
の人、韓国の人、コロンビアの人と話をしたことがあって、やはり英語で通じました。
仕事や勉強で日本に来ている非英語圏の人はたいていは教養があって、ほとんどの人
が英語を流暢に話せるのです。exclamation

 で、やはりというかそれぞれの国の事情の違いとか、性格の違いとか、物の見方とか、
他人との付き合い方とか、皆違います。「あ、人間って一人一人こんなに違っ
ているのだ。」
と言う事が分かります。そして、違っていていいのだ、と思
えるのです。手(チョキ)

 さらに、国が違ってもそれぞれの人が自分の人生を一生懸命に歩んでいるのだな
、と私には思えるのです

これは外国の方と付き合いのある方にとっては当然すぎることかもしれませんが、けっして
知識として得たのではなく、私が肌で感じて分かったことなのです。

 彼らはほとんど全員と言ってよいくらい「自分の国を誇りに思っている」のです。
これは本当にうらやましいです。日本人は彼らほど自国を愛しているとは口に出しません。
日本では「愛国心」という言葉がまるで悪であるかのよう扱われていますよね。それには
歴史的な背景があるのは分かります。が、やはりどこかおかしいと思います。

 最近は日本の若い人が外国に留学したがらなくなってきているそうです。私としては
もっと外国を知って、力をつけて日本の宝になってほしいと願います。外国で暮らすのは、
基本的に大変な苦労が伴います。でも、図太くかつ気配りをしながら自分を磨いてくれ
たらな、と思います。例えば、明治の人たちを見てみなさい。ほとんどが若干20代前半
でしたよ、彼らがドイツ、フランス、アメリカへ学びに行ったのは。

 その後にも頑張った日本人がたくさんいますよ。日本が誇る学者南方熊楠がアメリカヘ渡った
のは確か19才の時だったはずです。彼の英文は素晴らしいです。若い人で科学と英語に興味が
ある人は機会があったら一度読んでみなさい。わーい(嬉しい顔)

 



ラベル:英語 魅力
posted by 塾王 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

成績を伸ばすための勉強法

 先日NHKのEテレの番組で成績の伸ばし方についての放送がありました。 
ご覧になった方もいたかもしれません。その中で一つの方法として、 「書いて覚える」と言うのがありました。
 
 私も常日頃同じことを生徒にアドヴァイスしています。「字を書く」という事は
それだけで脳に刺激を与えます。いわゆる脳が「オン」状態になるわけです。
 勉強ができるとは、 「学習したことを再現できる」という事ですから、この方法は
脳が自然に覚えていく方法だと思います。英語の場合は、書くと同時に声を出す事も
本当に有効です。
 さらに英単語を覚えるには一つの単語を何回も繰り返して書くのではなく、たとえば単語50個を
一回ずつ5サイクル練習する方が良いと思います。

 この方法は、社会の「歴史」や「地理」にとても効果があります。それに数学の計算にも
大変効果があります。手を動かすことで脳に刺激が与えられるからです。これをやる時は
だらだらやっては効果が上がりません。 「集中して解く事」これが一番大事ですよ。

 「そんなことで成績が上がるのか?」と思う人は、まだやっていない人ですね。
大切なのは、何よりもまず実行してみることだ、と申し上げておきます。手(グー)

posted by 塾王 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

みんな忙しい

5月ももう最終日になりました。
塾生も中高生は中間テストが終わりましたが、すぐに
英検、漢検がありますし、そのあとは期末が控えています。
 
部活動をやっている人は公式試合がまっ最中なので
ムチャクチャ忙しいことでしょう。特に受験学年はそうではないでしょうか。
 みんな、頑張ろー!おー!手(グー)

私も中高とバスケット部でした。練習もきつかったし、
学業との両立は本当に大変でした。(っというほど
勉強は真面目にはやっていませんでしたが---。わーい(嬉しい顔)

部活はさておき、中間テストはいかがでしたか?
勉強量は十分足りましたか?

フレックスでは塾生の定期試験対策をやります。
外部の方も一緒に対策が無料で受けていただけます。
ここで頑張ろうとしている人は是非ご参加ください。

[定期対策授業]期間:6/11(月)〜6/27(水)
対策科目:英数国理社
対象学年:中1、中2、中3
対象中学:八王子2中、4中、5中、6中、7中、ひよどり山中、川口中、等
お申込み方法:定期対策申し込み表をご提出ください。(塾に備え
       付けてあります。)
お問い合わせ:042-644-7478まで(受付時間=平日午後2時〜8時半まで)


 
posted by 塾王 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

英語の魅力と必要性

 最近、英語を苦手とする生徒が増えたと思う。理由はいくつかある。
一つは中学校のスタート時点での基本がおろそかになっている事。
英語特有のスペリングの癖にはきちんとそれも焦らずに教える必要がある。
スペルと発音の「ずれ」についてもきちんと教えなくてはならない。
 ところが、現在の公立中学校では週に3時間か4時間しか英語の時間が
割り当てられていないのだ。時間が少ないのです。いや、足りなすぎです。
 さらに文法用語も「極力使わないように」している。心ある先生は逆です。
そういう先生は稀です。そういう先生にあたった生徒は幸せと言える。
 形容詞と副詞の違いとかを言うどころか、主語もわからない生徒が
大量生産されているのです。
 中1はまだ遊びたい盛りですから、楽しく勉強させることも必要ですが、
でも重要なことは外さずに確実に練習させる必要もあるのです。
 
 受験に英語があるからが勉強する理由であってもかまわないと思いますが
「世界を知るには言葉から始まる」のです。外国人とのコミュニケーション
は今後ますます必要になって行くことでしょうし、自分たちを外の視点から
見ることは非常に重要だと思います。

 その学習上一番大切な時期はと言えば、習い始めー普通の生徒なら中1の1年間が
その人の一生の英語力を決定するといっても良いのです。

 このことにどれだけの大人が氣付いているのでしょうか?
後からでは何倍もの努力が必要です。後になってではハンデが大きすぎるのです。
posted by 塾王 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

合格作文

最後の方で合格が決まった生徒が喜びの作文を書いてくれました。
少し照れくさいですが掲載します。

Y.Tくん(都立翔陽高校)
東京薬科大(薬学部)合格
工学院大学(応用化学科)合格
東洋大学(理工学部)合格
「フレックスの良さは---」

 僕が受験へ気持ちを切り替えたのは少し遅めで、三年生になる前の春休みでした。それでもフレックスに入ったからこそ難しい大学に合格できたと思っています。
 僕がお勧めしたいのは授業の質の高さは勿論のことですが、生徒一人一人への対応の良さです。僕は化学で受験をしたかったので化学を選択しました。ところが化学の授業を選択したのは僕一人しかいなかったのです。それでも富田先生は忙しいさなか授業を引きうけてくれました。授業日数が足りない時は授業が無い日でも無料で授業をしてもらいました。こういった点が大手塾には無いフレックスならではの魅力だと思います。

S.Aくん(都立日野台高校)
専修大学(文学部)合格
専修大学(経済学部)合格
専修大学(法学部)合格
「 塾長の授業スタイルは--- 」

 小学5年の時から大学受験までの8年間お世話になりました。8年の間にいろんな先生に教えてもらいましたが、英語の授業の担当がほとんど塾長だったことが印象深いです。
 塾長の授業はとにかく論理を追及して知識を深めるというスタイルで一貫していたので、自分としては難しくもあったし面倒だと思う時もありましたが、あの授業を通して今の自分の英語力が培われたのだと強く思います。
 また、英語の話しのはずが脱線していろんな話題に跳ぶのも塾長の授業の特徴です。そんなことも含めて塾での時間は大切だったと、胸を張って言えると思います。
posted by 塾王 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

塾の新年度開始にあたって

 塾の新年度の授業が既に始まっている、あるいはもうすぐ始まろうとしている時期です。

 我が塾では、新年度の初めの方に前学年の学習内容の中で、特に大切なことを新入生に

伝えることが多い。それも丁寧に密度も濃くなのです。何故なら新しいことは、その基本が

出来ていないと積み上がって行かないからです。いままでの穴をなるべく早く埋めたいのです。
 
 適当な内容で流すなどということは無い訳です。
 
 特にそれが受験学年であれば必須事項を早く固めねばなりません。何故なら受験とは

ある意味時間との競争だからです。

 より高いところへ上ろうと思ったら無駄な時間はなるべく失くさねばならないのは

自明の理だからです。

 この時期の学習内容は塾へ入って得られる物の中で一番濃い内容

に成っているはずです。

 ですから、入塾するのであれば、年度の初めのこの時期の入塾がお勧めなのです。
posted by 塾王 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

高校生活を充実したものにするために

  高校入試真っ最中である
都立高校は23日で目前となりました。みんなベストを尽くしてほしい。手(グー)

 受験が終わればいよいよ高校生活が待っています。中学とは違って
いろいろな地域から生徒が集まってきますし、個性も様々で楽しい日々を
送れるはずです。

 ただし、高校の学習内容は一段と難しくなります。中3の時は90点は
当たり前と思っていた人も、思わぬ低い点数をとり愕然とすることがあるかと思います。

 受験が終わって気がゆるむというだけでなく、各教科の深さ速さが全く違ってくるのです。
 そのままにして置くのが実はとても怖いのです。そのうちなんとか成るだろうと思っていても
どんどん日が経って行ってしまって、後からは取り返しが効かなくなってしまう場合が
多いのです。

 やはり一学期の中間テストまで気を抜かずに、受験勉強のようにとまでは言いませんが、
頑張ることが不可欠だと言えるのです。

 この3月から5月までの3ヶ月間が勝負です。ここを乗り切れば後は楽しい(?)
高校生活が待っているはずです。
posted by 塾王 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

塾に行く目的は?

と、聞かれたら「勉強をするため」と、誰もが答えるでしょう。

中には「友達と楽しく通うため」と答える人もいるでしょう。

 当フレックスでは、授業中に同じ学校から来ていようといまいと

好き勝手に話をさせることはありません。友達同士で入塾しても、

勉強中は他人です。教師の説明を理解するのに話などする余裕は

ないはずです。
 
 また、説明が終われば問題を一生懸命に解かなければなりませんから、

話をする暇はありません。

 もしそんなことを塾に期待する人がいるのなら、当塾は止めた方が

良いです。そういう塾ではありません。みんな程よい緊張の中で集中して

勉強しています。

 もちろん、私どもが生徒と世間話をしないわけではありませんが、それも

ある程度の間ですし、たいていは勉強関係の話です。生徒と教師の間に信頼

関係があるべきですが、友達ではありません。生徒におもねるつもりは全く

ありません。

 私どもとしては、これが塾の当たり前の姿勢だと考えています。
 
posted by 塾王 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

英検合格のカギ

2011年第2回目の英語検定一次試験において、以下のような結果が出ました。
5級---6名受験全員(中1)合格 
3級---5名受験中4名合格(中3)
準2級---5名受験中3名合格
 

 フレックス塾では英語の力を付ける為に、英検の受験を生徒に強く勧めています。
単語力、熟語力、長文力、リスニング力---どれをとっても現在入試で必要とされる
だけでなく、社会に出てからますます不可欠になるものです。

 若い柔らかい脳を持っている時にしか、出来ないことがあります。
 外国語学習はその最たるものです。

 塾では受験のための学習が中心になるのは当然なのですが、文法だけできても
今は入試にさえ足りない時代だと言えます。

 リスニング力をはじめとするトータルな英語力を付けてもらいたいと私は考えています。

 その意味で、生徒が暗記しやすいように3級用と準2級用に今回は以前から使用してい
るオリジナル熟語集をマイクを使って音声を吹き込みCDに落として配布しました。その声の
主は私です。(苦笑)ふらふら
 夜中に息を殺して録音するのは結構大変でしたが、きちんと使った生徒には有効だった。

 一次試験に合格した生徒は問1の中の熟語7題のうち二人が全問正解していて、もう一人が
5題できていました。不合格の生徒は1題または2題しかできていないのを考えに入れると
やはりこの熟語集は効果があった事が分かりました。不合格の人は後で聞いてみると、
あまりくり返しの練習をしていませんでした。
 
 準2級くらいになると、総合的な力がないと合格できませんから、熟語だけでは合格でき
ません。普段の塾の授業で文法的には届くような学習をしていますので、後は単語力、熟語力
を強化すれば良いだけなんです。リスニング力は中1から力を入れています。

 実は二次試験で落ちてしまった生徒がいたので、面接練習をもっと強化しなくてはいけないと
反省しております。
 次回もみんな頑張ろうぜ! 

 いよいよ受験が迫ってきましたね。
 
 気力充実で行きましょう!!
posted by 塾王 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

英検受検が近付きました

英検にチャレンジ
 いよいよ受検日迫る!

 
英語学習の上で単語力、熟語力、リスニング力を付けることは大変重要なことであることは
申すまでもないことでしょう。本物の英語力を付けることは将来の大きな力にますますなって
行く事は間違いありません。

 フレックス塾生は大勢参加してきています。

 当塾としても、生徒の前向きな姿勢をサポートしています。さて今回は---

 ★フレックスから自塾で使っている英検対策教材を皆様に無料でプレゼント! 
 その(1) 英検3級対策用熟語集267を差し上げます。
(オリジナル暗記用CDも付いています。)

 その(2) 英検4級対策用単語・熟語集240を差し上げます。(テストペーパー、別紙解答付き)

   ご希望の方は当塾のホーム・ページのお問い合わせの欄から「住所」「氏名」「電話番号」
 「メール・アドレス」と質問欄に「英検3級用熟語集267」か「英検4級対策用単語・熟語集240」
 と記入してお送りください。
   
posted by 塾王 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

高校一年生の中間テストの結果

 梅雨の季節でカラッとしませんが、生徒諸君元気ですか?
特に新高校一年生、中間テストの結果はどうでしたか?

 あまり良くなかった人がけっこういるのでは。
中学の時と違って高校は進度が速く、説明もあまり丁寧ではないのではないだろうか。

 先生方も自分で進んで予習・復習をするように、というだけではないかな?

 でも、部活も忙しくじっくり勉強する時間が不足気味になっているのではないかと思います。
中学の時の「あの栄光」が消えかけているんでは---。

 普通にやっていると、こういう状態になってしまうんですよ。そのままにして置くとそれが定着してしまうんです。それが怖い。そうならないことを望んでいます。
 
 塾を継続している生徒たちは、そこそこ取ったようです。中には学年一位を取っている人もいます。
 
 高校に合格した後が一生のなかで学習上一番重要な分かれ道の時期になるのです。
そしてその時期には自力ではなかなか学習に追いつけない仕組みに現在はなってしまっている事が
現役の高校生には分からないのかもしれない。

 まず、学習時間を確保しよう。そして良い参考書と問題集を見つけよう。

 もしそれが危ういなら、フレックスで学習することを勧める。何をどうすれば良いのかの指針を与えることができます。
 
posted by 塾王 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

2011年 大学入試最終合格実績

2011年 大学入試合格実績
現役合格ならフレックス。毎年高い合格率!
2011年進学率9割
(でも、本当は100%を狙ってます!) 
 今年も高校3年の塾生達が頑張りました。30人中27人が現役で合格。
 その中身をお知らせします。


【国公立大】
■東京外国語大学---1名 
<ドイツ語学科>小林友里菜(都立南多摩高校)
■首都大東京---1名 
<システムデザイン学部>今井 曜(工学院大学附属高校)

【私立大】
■上智大学---1名 
<外国語学部> 小林友里菜(都立南多摩高校)
■立教大学---1名
<異文化コミュニケーション学部> 小林友里菜(都立南多摩高校)
■日本女子大学---1名
 <生活科学部> 三島直弓(都立八王子東高校)
■中央大学---2名 
 <法学部> 森崎祐司(都立南多摩高校)
 <理工学部> 石井 稜(拓殖大学第一高校)
■明治大学---2名 
 <国際日本学部> 小林友里菜(都立南多摩高校)
<理工学部> 石井 稜(拓殖大学第一高校)
■東京農業大学---1名 
<生活科学部> 三島直弓(都立八王子東高校) 
■東京家政大学---1名 
<生活科学部> 三島直弓(都立八王子東高校)
■青山学院大学---1名
<理工学部> 石井 稜(拓殖大学第一高校)
■実践女子大学---1名
<生活科学部> 三島直弓(都立八王子東高校)
■昭和薬科大学---1名
<薬学部> 原 正和(工学院大学附属高校)
■日本大学---1名
<理工学部> 石井 稜(拓殖大学第一高校)
■東洋大学---1名
<理工学部> 木下真一(都立南平高校)
■駒澤大学---1名
<経済学部> 田中 綾(都立日野台高校)
■専修大学---2名
 <経済学部> 池田優輝(都立南平高校)
 <文学部> 池田優輝(都立南平高校)
■東京工科大学
<メディア学部>八代拳太(都立日野台高校)
■埼玉医科大学---2名
<保健医療学部> 
阿部史華(明大八王子高校)
吉附かすみ(都立富士森高校)
■亜細亜大学---2名
 <経営学部> 井川雅代(都立富士森高校)
 <法学部> 池田優輝(都立南平高校)
■大妻女子大学---2名
 <人間関係学部> 安部杏奈(都立日野台高校)
■相模女子大学---2名
<栄養科学部> 立川夏紀(都立日野台高校)
<学芸学部> Aさん
■東京経済大学---1名
<経済学部> 田中 綾(都立日野台高校)
■拓殖大学
<情報デザイン学部> 八代拳太(都立日野台高校)
■明星大学---3名
<教育学部> 松澤 亮(都立南平高校)
<人文学部> 安部杏奈(都立日野台高校)
<人文学部> K.K君(都立南平高校)
■東京電機大学---1名
<未来科学部> 尾本貴亮(工学院大学附属高校)
■杏林大学---3名
<看護学科> 田村 麻衣(都立日野台高校)
<総合政策部> 三島佑太(都立日野高)
<外国語学部>S.T君(都立日野台高校)

■東京家政学院大学---1名 
<現代生活学部> Cさん
■帝京大学---5名 
 <看護学部> 鹿田はるな(都立日野台高校)
<経済学部> 古俣裕哉(都立南平高校)
 <文学部> 塩原加奈子(都立日野台高校)
<経済学部)S.T君(都立日野台高校)
<外国語学部>S.T君(都立日野台高校)

【短大】
■大妻女子短大---1名 
 <社会情報学部> 塩原加奈子(都立日野台高校)
■創価女子短大---1名
 杉森 由美(工学院大学附属高校) 
■相模女子短大---1名 
 Bさん
■秋草学園短大---1名
 杉森 由美(工学院大学附属高校)
   以上 3月25日現在
特に3月も終わりになって合格したTさん、Y君頑張った甲斐があったね。
posted by 塾王 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

2011大学入試を振り返って

 玉突き現象が起こっているのでは--- 
 上位だけでなく受験生がより確実な合格を考えてかいわゆるMARCHレベルは相変わらず厳しい入試となったばかりでなく、その次の日東駒専レベルも大変だったように思う。
 伝わるところでは国立最上位組も一つランクを下げて受験した者も増えたようだ。その中で
当フレックスの高校3年生は現役合格9割を果たしたのは立派だったと思う。
最後まで頑張った生徒が何人か逆転ホームラン(とまでは行かなくても)をかっ飛ばした者もいました。
 Yくん(日野台高校)=東京工科大(メディア学科)合格
 Kさん(日野台高校)帝京大(看護学科)合格など、よく頑張りましたね。合格おめでとう!
 中には第一志望ではなかった人もいるのでしょうが、それでも高い数字が残せました。
 
 今年も多くの生徒が嬉しそうな顔で報告に来てくれました。
 みんなの今後のさらなる飛躍を期待しています。
              

 *遅くなりましたが、今回の大地震の被災者の方々にお見舞い申し上げます。また、早い復興を願っております。
 
*今日も繰り上げ合格の通知がありました。Tさん(日野台高校)---杏林大学(保健学部=看護学科)合格! よかったね。おめでとう。(3月26日)

 合格者 喜びの声

明星大学教育学部合格
松澤 亮(都立南平高校)
「フレックスにいた7ヶ月は濃密な時間でした。」
 
 
 僕はたぶんフレックスの中では新参者で一番在籍期間が短かったのではないかと思います。それでもフレックスにいた約7ヶ月間は濃密な時間でした。先生方は厳しくも優しく指導してくださり時には勉強と関係ない話で教室を和ませてくださいました。
受験期で大切なことは、睡眠を取る事とすべきことの優先順位を付けることだと思います。

亜細亜大学経営学部合格
井川雅代(都立富士森高校)
 
「高1から受けた授業のおかげで評価平均を上げて第一志望校に合格!」 

 中3から今まで本当にお世話になりました。!!!
高1から英語とすごく苦手な数学を教えてもらったおかげで、評価平均を上げることができました。そしてすごい行きたかった第一志望に合格することが出来ました。♥
 本当にうれしいです!!
塾長の面白い話とか豆知識は中学のときから好きでした。これからもっともっと英語を伸ばしていけるように頑張って将来に生かしたいです。
ラベル:大学 合格 
posted by 塾王 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

2011 私立高校合格速報


 みんな、おめでとう!
■ 桐朋高校---1名
  Uくん(八王子四谷中)
■ 桐光学園高校---1名
  Uくん(八王子四谷中)
■ 拓大一高---3名
  Tさん(八王子五中)
  Uさん(八王子六中)
  Tさん(八王子二中)
■ 東京農大一高---1名
  Mくん(八王子二中)
■ 八王子高校---2名
  (特進)
  Uくん(八王子四谷中)
   (普通)
  Tさん(八王子二中)
■ 駒場学園---1名
  Mさん(八王子四中)
■ 聖望学園---1名
  Sくん(元八王子中)
■ 工学院---3名
  Uさん(元八王子中)
  Iさん(八王子六中)
  Wくん(八王子四谷中)
■ 白梅学園---1名
  Aさん(八王子川口中)
■ 大成高---1名
  kさん(八王子甲ノ原中)
  Sくん(八王子二中)
■ 東海大菅生高校---4名
  Yくん(八王子四谷中)
  Iさん(八王子二中)
  Kくん(八王子四中)
  Yくん(元八王子中)
■ 八王子実践---2名
  Kさん(八王子五中)
  Sさん(八王子四中)
■ 日本学園---1名
  Sくん(浅川中)
■ 昭和第一学園---1名
  Iくん(八王子横川中)
■ 堀越学園---1名
  Fくん(日野三沢中)
■ 大東学園---1名
  Oさん(元八王子中)
                 以上 2月14日現在
posted by 塾王 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする