2019年06月30日

フレックスの授業は何で楽しいのか


楽しい授業のフレックス。なんで楽しいのに成績が上がるのか?
いつの間にか成績が上がっているフレックス、と言われるのはなぜか?
 楽しいだけで成績が上がるはずがありません。学習が定着するための仕掛けがあるからです。
第一に一級のわかりやすい授業がありますよ。これは受けてみないとわかりませんが。
それも大きな体系を熟知しての授業ですから、時を経るごとに本物の学力になるわけです。
それを”いつの間にか”と生徒は呼ぶのです。
 時間を十分使っての「本物の学習」ですから、ある意味徹底的に勉強できるわけです。
でも、ずーと勉強ばかりでは生徒も疲れ切ってしまうので、時々楽しい話(教師の過去の
自慢話、と笑う生徒もいますが)をして脱線するわけです。それを「楽しいけれど」と表現し
くれているのだと思います。
 お判りいただけますでしょうか。楽しいけれど、いつの間にか成績が上がる本当の理由という
言葉に対する私の理解はこういうものです。

posted by 塾王 at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。