2018年03月26日

フレックス高校部3年Bクラスの英語授業の中身

 高校3年のAクラス(上位のクラス)の内容は国立大からMARCHへ合格する
レベルで実施している。ではBクラス(下位のクラス)の中身はというと、
「基本の充実が目標」といえばよいでしょう。今どきの高校生は学校の授業中に
寝ている(!)のは当たり前ですから、基本の基本からやらなければならないのです。
(明らかに、情けない話ですね。)だから中3の内容もやらせなければならない場合
もあるくらいです。全員ではないのですがね。因みに今年のこのクラスの生徒の半分は
中3の塾用教科書を自習用に与えやらせて、真面目にやってきたものには個別で見てあげました。
本人たちは大真面目に喜んでやっていました。そのうちの一人Y君は彼の高校ではこう
いう事は、つまり基礎の基礎は全くやってくれなかったそうです。その彼は英語が十分
伸びたのですがその力を発揮する前に東京農大に推薦で受かってしまいました。
 毎年私は少しづつはテキストの内容を変えているのですが、基本線というか大筋は変え
ていません(自作ですから自由に作れます)。そしてこのクラスは首都大や法政大に合格した
Mさん(都立国分寺高校出身)ややはり法政大に合格したBくん(都立立川高校出身)や
青山学院に合格したCくん(拓大第一高校出身)など優秀な生徒をたくさん輩出しているのです。
 で、お分かりかと思いますが、このクラスでもできない生徒を相手に適当にお茶を濁すような
授業はやりません。本気の真剣勝負です。基本を教えるといっても、英語の本質は同じですからね。
本質が分かれば、伸びるのは当たり前です。これが高3Bクラスの英語の授業です。

posted by 塾王 at 01:14| Comment(0) | 大学受験コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。