2016年03月04日

都立高校合格発表

 都立高校の合格発表が行われた。平均倍率1,5倍(当日欠席者も出たと思われるので
学校によってはもう少し低かったかもしれないが)の中、熾烈な受験だったはずだ。
 八王子地区周辺の都立に絞れば、去年までとても倍率の高かった町田高校あたりが
今年は男子1,29倍、女子1,40倍と「普通」であったのが目を引きました。立川高校も
男子1,42倍、女子1,49倍でやはり例年よりも低かった。それに比べて国立高校は男子
1,66倍、女子1,725倍で相変わらずの激戦だったようだ。(計算方法:当日受験者実数÷
定員)あと厳しかったのは南平の女子1,57倍、富士森の女子1,64倍、男子の1,54倍。
富士森は去年までとは大きく様変わりした。女子などはこれでも2月16日の差し替
えで30名も他校に移動したにもかかわらず高倍率であった。
 振り返ってフレックス塾生はというと、その富士森高校は3名一般受験で全員合格
。南平は女子が1人男子が1人受験し2人とも合格。特に男子のT君は合格内申基準点か
ら5点も不足していながらの合格であった。これはその前の私立校受験で拓大一高に併願
なしの一般受験で受かっていたことによるチャレンジ受験であった。彼は勢いに乗って都立も
受かってしまいました。お見事、の一言。
 ともあれみんな良く乗り切りましたね。私としては今年は「全員合格」をめざしました。
結果は「ほぼ達成」と申しておきます。
 一つ付け加えるとすれば、今年国立高校に受かったK君も南多摩中に受かったA君も
共にフレックス二世だったんです。K君はお父さんが25年くらい前のフレックス卒業生で、
A君のお母さんも(ずっと若いのですが)卒業生でともに八王子東生だったのです。
 どうやら、私が「まだ元気ようなので、この人に任せれば何とかする」と思っていただけ
たのだろうか?まだお二人に尋ねてはいませんが。
 下記に今年の都立高校の実績を載せておきます。
 
 「都立高校入試合格者」

 ●国立高校 1名  
  K(八王子第4中)
 ●立川高校 1名
N(ひよどり山中)
 ●町田高校  2名
  K(八王子第5中)
  O(八王子第5中)
 ●日野台高校 3名
  K(楢原中)
  K(八王子第5中)
  W(八王子第4中)
●南平高校 2名
F(ひよどり山中)
   T(ひよどり山中)
 ●翔陽高校  2名
  O(八王子第6中)
  H(八王子第6中)
 ●富士森高校 4名
  K(八王子第6中)
  O(ひよどり山中)
  K(八王子第2中)
  U(八王子第5中)
 ●日野高校  2名
  N(楢原中)
  M(八王子第4中)
 ●小川高校  1名
  M(八王子第6中)
以上 3月3日現在
posted by 塾王 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校入試に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック