2015年03月09日

大学入試の報告 その3

 3月6日の発表  S,Sさん(都立八王子東高校)が東京外国語大学(スペイン語科)に合格
 3月8日の発表  M,Sさん(都立国分寺高校)が首都大学東京(都市教養学部、経営学科)に合格
 これで国公立大3人が合格しました。よかった! おめでとう!

 大学入試に限らないことですが、勉強で一番大切なことは、「なぜこういう答えになるのか。」という点にこだわって勉強をするということです
 成績を伸ばす人の共通点です。「質問するのは恥ずかしい。」とか「聞いてもためになるかわからないから、聞かないでおこう。」とか言っている人はダメなんです。思い切って聞いてみなさい!何かが開けてくるはずです。
 わかりたーい! という気持ちが強ければ強いほど質問したくなるものです。ですから私は伸びる生徒がすぐにわかります。
 また、質問するには自分なりに流れが追えなければできませんし、基本が入っているかどうかも大事な問題になってきます。そこが欠けている場合も良くあります。そこから始めなくてはいけません。
 さて、塾では新年度の授業が始まるところです。知識を積み上げていくには、いちばん基本の部分の考えがしっかりしてなければなりません。私の授業では何年生であろうともこれまでの復習とか基本的概念の再構築からやっていきます。つまり、ここを聞き逃してほしくないのです。もし参加するのなら、是非ともここを聞いておいてほしいのです。初めの数時間が何か月分かの価値があるのではないかと思っているのです。
 もちろん後になってからでも授業中に何回か話すことはあるのですが、初めに聞いておくと効果が何倍か違うと確信します。
 
 諸君、遅れるなかれ! 別に営業だけで言っているのではないのですぞ。
 せっかくやるのなら無駄なく学習して欲しいから言うのです。
さあ、この一年死んだ気になってがんばって下さい。

 
 

   
posted by 塾王 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック