2011年06月20日

高校一年生の中間テストの結果

 梅雨の季節でカラッとしませんが、生徒諸君元気ですか?
特に新高校一年生、中間テストの結果はどうでしたか?

 あまり良くなかった人がけっこういるのでは。
中学の時と違って高校は進度が速く、説明もあまり丁寧ではないのではないだろうか。

 先生方も自分で進んで予習・復習をするように、というだけではないかな?

 でも、部活も忙しくじっくり勉強する時間が不足気味になっているのではないかと思います。
中学の時の「あの栄光」が消えかけているんでは---。

 普通にやっていると、こういう状態になってしまうんですよ。そのままにして置くとそれが定着してしまうんです。それが怖い。そうならないことを望んでいます。
 
 塾を継続している生徒たちは、そこそこ取ったようです。中には学年一位を取っている人もいます。
 
 高校に合格した後が一生のなかで学習上一番重要な分かれ道の時期になるのです。
そしてその時期には自力ではなかなか学習に追いつけない仕組みに現在はなってしまっている事が
現役の高校生には分からないのかもしれない。

 まず、学習時間を確保しよう。そして良い参考書と問題集を見つけよう。

 もしそれが危ういなら、フレックスで学習することを勧める。何をどうすれば良いのかの指針を与えることができます。
 
posted by 塾王 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック