2011年03月20日

2011大学入試を振り返って

 玉突き現象が起こっているのでは--- 
 上位だけでなく受験生がより確実な合格を考えてかいわゆるMARCHレベルは相変わらず厳しい入試となったばかりでなく、その次の日東駒専レベルも大変だったように思う。
 伝わるところでは国立最上位組も一つランクを下げて受験した者も増えたようだ。その中で
当フレックスの高校3年生は現役合格9割を果たしたのは立派だったと思う。
最後まで頑張った生徒が何人か逆転ホームラン(とまでは行かなくても)をかっ飛ばした者もいました。
 Yくん(日野台高校)=東京工科大(メディア学科)合格
 Kさん(日野台高校)帝京大(看護学科)合格など、よく頑張りましたね。合格おめでとう!
 中には第一志望ではなかった人もいるのでしょうが、それでも高い数字が残せました。
 
 今年も多くの生徒が嬉しそうな顔で報告に来てくれました。
 みんなの今後のさらなる飛躍を期待しています。
              

 *遅くなりましたが、今回の大地震の被災者の方々にお見舞い申し上げます。また、早い復興を願っております。
 
*今日も繰り上げ合格の通知がありました。Tさん(日野台高校)---杏林大学(保健学部=看護学科)合格! よかったね。おめでとう。(3月26日)

 合格者 喜びの声

明星大学教育学部合格
松澤 亮(都立南平高校)
「フレックスにいた7ヶ月は濃密な時間でした。」
 
 
 僕はたぶんフレックスの中では新参者で一番在籍期間が短かったのではないかと思います。それでもフレックスにいた約7ヶ月間は濃密な時間でした。先生方は厳しくも優しく指導してくださり時には勉強と関係ない話で教室を和ませてくださいました。
受験期で大切なことは、睡眠を取る事とすべきことの優先順位を付けることだと思います。

亜細亜大学経営学部合格
井川雅代(都立富士森高校)
 
「高1から受けた授業のおかげで評価平均を上げて第一志望校に合格!」 

 中3から今まで本当にお世話になりました。!!!
高1から英語とすごく苦手な数学を教えてもらったおかげで、評価平均を上げることができました。そしてすごい行きたかった第一志望に合格することが出来ました。♥
 本当にうれしいです!!
塾長の面白い話とか豆知識は中学のときから好きでした。これからもっともっと英語を伸ばしていけるように頑張って将来に生かしたいです。
ラベル:大学 合格 
posted by 塾王 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック