2010年09月14日

2010年 夏季合宿の思い出 

 今年みんなが頑張った、楽しかった合宿について
 素直な気持ちの作文を生徒が書いてくれました。
 
image002.jpg

「合宿で得た物」
U.Sくん(四谷中3年)

 
 僕は受験勉強なんて何をすればわからないとか、それにまだ遊びたいからなどと、いろいろな理由をつけて勉強から逃げようとばかりしていました。実は、それは間違っていると薄々分かってはいました。でも、あまり勉強はがんばらなくていいやとか受験のことはまだ先だから考えなくていいやというくらいにしか思っていませんでした。だから正直、勉強の合宿には生きたくありませんでした。 しかし合宿に行って、楽しみながらがんばる気持ちを身につけることができ、またたくさん勉強をしたり、友達を話したりすることを通して、僕が考えていたことは間違っていたと改めて感じました。合宿に行って気づいたことはそれだけではありません。部活を引退してからは、勉強だけでなくやるべきことのすべてに対してあまりやる気がなく自分でしっかりと最後までやりきったという事が少なくなっていました。
 部活動という今まで頑張ってきたものがなくなって、自分で決めていかなければいけないことが増えてから自分に甘くなることが多くなってしまっていたと思います。それは、定期テストでしっかり点が取れないことも関係があるのではないかと思います。そう思うと、自分が勉強をやらなかったことが悔しくなってきました。
 これからは受験勉強で悔いが残らないようにいつも一生懸命やる気持ちを持って、頑張りたいと思います。自分でここまでやるべきことをやりきることについて考える機会がなかったのでそれが合宿に行った一番の収穫だと思いました。

image027.jpg
夏季合宿」
S.Uさん(八王子4中3年)
 

 今回初めて塾の合宿に行き、充実した三日間を過ごせました。二日目は勉強時間が12時間あり、しおりを見たときから集中していられるか心配でしたが、眠気に負けず、頑張れました。同学年の人はみんな人見知りなのか塾では話したことがなかったので、同じ部屋の子と仲良くできるか少し不安でした。でも話してみるとみんな優しくておもしろいし、自然に仲良くなれました。隣の部屋の人ともご飯の時などに少し話す機会があり仲良くなれて今まで塾で話していなかったのが不思議に思えました。皆と仲良くなれたおかげで三日間が速く感じたし、なんとなく勉強もはかどった気がします。
 勉強面ではいままでやってきた基礎知識の復習を何度も丁寧にやり、それまで学んだ勉強がしっかり身に付いているかを確認することができました。
 数学では一回目の復習テストができなかった問題は、やり方を覚えて二回目の復習テストからはできるようにして、三回目は完璧にできるようになっていました。
 英語は復習テストがなかなかできなくて、でも三人の先生に別の教え方で丁寧に教わったので復習を積み重ねればできるかなと思いました。今回の合宿では基礎知識の復習の大切さや、応用力をつけていかなきゃいけないことを実感させられました。
 また、受験という大きな壁に一緒に立ち向かっていく仲間が増えて本当によかったと思いました。勉強の他にも大切なものを見つけられて本当によかったです。とても良い経験になりました。


「夏季合宿]
 U.Rさん(元八王子中3年)

 
 私は、合宿に行く前まで行くのが少し嫌でした。その時はまだ友達がいなくて、きっとずっと一人でいるんだろうなって思っていたからです。でも、私は合宿のガイダンスの後に同じ部屋の阿部さんに話しかけました。そこで阿部さんと塾で初めての友達になりました。すごく嬉しくて、合宿があまり嫌ではなくなりました。でもやっぱり、部屋が同じ他の人とどうなるか正直心配でした。でも、その同じ部屋の栗原さん、澤崎さん、光峯さんはすごく明るく接してくれてすぐに打ち解けられました。私の班はすごく面白くて楽しくて、本当にこの班で良かったなって心から思いました。これからもこの班の皆と仲を深めていけたらいいなと思います。
 勉強はとにかく辛かったです。でも、皆がいたから辛さも分かち合えて皆がいたから皆が頑張っているから私ももっと頑張らなきゃという気持になれました。本当、皆でこの合宿に行けてよかったなと思えました。皆に感謝だし何より先生方に感謝です。先生方がいなかったらこの合宿に行けなかったわけですから本当にありがとうございますという気持ちでいっぱいです。

「合宿」
 M.Sさん(八王子4中3年)

 
 私は、合宿が始まるとき自分が受験生であるのだと改めて感じました。合宿のしおりの時間割を見て、同じ教科が3時間も続いていたり、1日の勉強が午前0時までだったりと合宿へ行って弱音を吐いてしまうんじゃないかと思いました。
 合宿でやったテストは復習のような問題が多く決して解けない問題ではないのに簡単に解くことができなくて自分がどれだけ勉強不足かというのがわかりました。私は復習しているつもりでもしっかり理解していないことが多いと思います。それを合宿を通して自覚でき、直していかなければいけないと思いました。
 私がこの合宿で一番嬉しかったことは、塾での友達ができたことです。いままで特に話す機会もなくお互いになんとなく壁がありましたが、実際話してみるとみんないい人ばかりで気が合う人も多く、これから一緒に努力していく仲間が増えました。塾の仲間と打ち解けることができたので、次は支えあえる刺激し合えるような仲になれたらいいなと思います。もっと仲良くなっていい関係になれたら嬉しいです。
 3日間という短い間だけで学力が一気に上がるわけではないと思うけど、この合宿を体験したからこそできることがあると思うし、自分にとってプラスになることがたくさんありました。

「合宿を終えて」
 U.Aさん(八王子6中3年)


 合宿を終えて、今まで朝から晩まであまり必死になって勉強したことのなかった私にとってとても良い経験になりました。正直合宿に行く前はわくわく感もあったけれど、長時間の勉強を思うとうんざりするところもありました。授業を受けていると長時間の学習に慣れていないことや集中力のないことなどに「受験生」という自覚の無さを痛感しました。
 そして最も感じたことは予習復習が不十分なことです。今までに学習したこと、またこれから学習することすべてを吸収していくには、予習復習がとても大切だということが身にしみて分かりました。私は今の実力では及ばない学校を志望校にしています。そのためにはまだまだ実力不足なので、これからの学習はもちろんのこと、既に習ったところの復習も同時進行でやっていきたいと思います。
 残り六カ月真剣に学習に取り組んで必ず志望校に合格したいと思います。
posted by 塾王 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック