2018年03月26日

フレックス高校部3年Bクラスの英語授業の中身

 高校3年のAクラス(上位のクラス)の内容は国立大からMARCHへ合格する
レベルで実施している。ではBクラス(下位のクラス)の中身はというと、
「基本の充実が目標」といえばよいでしょう。今どきの高校生は学校の授業中に
寝ている(!)のは当たり前ですから、基本の基本からやらなければならないのです。
(明らかに、情けない話ですね。)だから中3の内容もやらせなければならない場合
もあるくらいです。全員ではないのですがね。因みに今年のこのクラスの生徒の半分は
中3の塾用教科書を自習用に与えやらせて、真面目にやってきたものには個別で見てあげました。
本人たちは大真面目に喜んでやっていました。そのうちの一人Y君は彼の高校ではこう
いう事は、つまり基礎の基礎は全くやってくれなかったそうです。その彼は英語が十分
伸びたのですがその力を発揮する前に東京農大に推薦で受かってしまいました。
 毎年私は少しづつはテキストの内容を変えているのですが、基本線というか大筋は変え
ていません(自作ですから自由に作れます)。そしてこのクラスは首都大や法政大に合格した
Mさん(都立国分寺高校出身)ややはり法政大に合格したBくん(都立立川高校出身)や
青山学院に合格したCくん(拓大第一高校出身)など優秀な生徒をたくさん輩出しているのです。
 で、お分かりかと思いますが、このクラスでもできない生徒を相手に適当にお茶を濁すような
授業はやりません。本気の真剣勝負です。基本を教えるといっても、英語の本質は同じですからね。
本質が分かれば、伸びるのは当たり前です。これが高3Bクラスの英語の授業です。

posted by 塾王 at 01:14| Comment(0) | 大学受験コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

2018年 大学入試合格実績 

 今年度の高3のAクラス(上位クラス)在籍者は5名でした。そのうちの一人は私大の附属高生でしたので、実質4名でいわゆるMARCH(明治、青山、立教、中央、法政大)に3名合格しました。彼らの出身校は都立トップ校ではなく2番手校3番手校です。頑張りましたよね。これは当塾の実力を示しているというだけでなく実力ある生徒が2番手校3番手校にも在籍しているということを示していると言えます。  現在の生徒の都立高選びの傾向として実力はあるが内申点がないので無理をせず実力よりも低い学校を選ぶとか、無理してでも高い学校を受けない傾向があります。つまり当塾からMARCHに合格した3人は本来の実力はトップ校に近かったかあるいはそこまでこの3年間で伸びたということなのです。  都立高校側は大学への受験対策(補講)をすると言っていますが、私立トップ校に比べればまだまだ内容が薄いと言えます。  当塾ではトップ校の対策に近いもの(量だけやるという事はありません。それはどんな塾、予備校でもできることで、量よりもまず質が重要です。)あるいはそれ以上のものを用意しています。 Bクラスのレベルについては次回に説明しましょう。 2018大学入試  ■ 明治大学---1名   黒澤 亙君(都立南平高校) ■ 中央大学---2名 黒澤 亙くん(都立南平高校)    今泉雄太郎くん(私立中大杉並高校)  ■ 青山学院大学---2名 青山 響くん(都立南平高校) 古俣達哉くん(都立小金井北高校)  ■ 立教大学---1名 黒澤 亙くん(都立南平高校)  ■ 法政大学---1名 黒澤 亙くん(都立南平高校)  ■ 日本大学--2-名 古俣達哉くん(都立小金井北高校) 黒澤 亙くん(都立南平高校)  ■ 東京農大---1名    吉澤幸平くん(都立片倉高校)  ■ 東洋大学---1名 小針さん(都立翔陽高校)  ■ 神奈川大学---1名    下島くん(都立日野高校) ■ 工学院大学---2名    青山 響くん(都立南平高校)  Sくん  ■ 東京家政大学---1名    根本さん(都立富士森高校)  ■ 白梅学園大学---1名    根本さん(都立富士森高校)  ■ 東京福祉大学---1名    Mさん  ■ 和光大学---1名    Aくん(都立富士森高校)  ■ 目白大学---1名    Mさん  ■ 嘉悦大学---1名    Mくん(都立片倉高校)  ■ 駿河台大学---1名    Oくん   など 塾生13名全員合格でした。2年連続です。
posted by 塾王 at 18:20| Comment(0) | 受験結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

2018年 都立高校合格速報

今年度の都立高校入試の結果をお知らせします。

■ 八王子東高校---1名
■ 南平高校---1名
■ 翔陽高校---1名
■ 日野高校---2名
■ 富士森高校---4名
■ 八王子桑志高校---1名
■ 府中東高校---1名
■ 片倉高校---1名
■ 農業高校---1名
■ 八王子拓真高校---1名
 都立入試は推薦も含めて16名受験中13名合格しました。
 
 毎年全員合格をめざしてはいるが、なかなか厳しい面があります。
 やはり、人気校(国分寺、小金井北、南平など)は倍率が高く、厳しい戦いであったと思える。
さらに八王子東高校などもいつもより倍率が高かったことが目に付いた。
 新聞によれば私立進学者が例年より多かったそうだが、(公的補助金制度などのせいで)
都立の人気校は本当に狭き門だった。
 塾生だけでなく生徒諸君、大変だったね。お疲れ様でした。
第一志望がダメだった人も、捲土重来で今後の頑張りを期待します。

posted by 塾王 at 15:22| Comment(0) | 受験結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする